憧れのプリンセスストーリー。

一度でいいから豪華な宮殿で優雅な日々を過ごしてみたいですね。

フィンランド在住のジャスミン・ブリトニーさんもその中の一人。

彼女は子どもの頃から映画やアニメに出てくるプリンセスに憧れていました。

3人兄妹の末っ子として大切に育てられてきたジャスミンさんは9歳の頃、

交通事故に巻き込まれて脊髄を損傷するほど吹き飛ばされます。

全身不随となってしまったジャスミンさん。

大惨劇から17年後、ある一大決心をします。

目が覚めるとすぐに自分の体の異常に気が付きました。

タクシーに跳ねられたジャスミンのさんの体は23メートル吹き飛ばされ、地面に叩きつけられました。

目が覚めるとベッドに体を拘束されて、身動きの取れない状態だったのです。

喉には気管切開で人工呼吸器が取り付けられています。

事故当時9歳だったジャスミンさんは幼いながら自分は重篤なのだと察し、悲しみにくれました。

彼女は車いす生活を余儀なくされ、とても生き苦しい日々を送ります。

事故後は家族に支えられ生きていましたが、このままでは体だけでなく心までもダメになってしまうと憂虞します。

その時、子どもの頃に想い描いた夢を現実のものにしようと決意したそうです。

憧れのプリンセスになるためにまず始めたのが服装の見直しです。

寝たきり状態でもメイクや着替えはできます。

ジャスミンさんはメイクや衣装を駆使して、バービー人形やディズニーヒロインそっくりに大変身しました。




見た目だけでは飽き足らず、なんと名前まで変更すると言い出します。

ジャスミンさんの旧姓名は「カタリーナ・コスキランタ」さん。

それを、憧れの歌手「ブリトニー・スピアーズ」さんとディズニー映画アラジンのヒロイン「ジャスミン姫」を合わせた名前、

「ジャスミン・ブリトニー」さんに改名したのです。

名前まで憧れのヒロインに似せたことから、彼女の本気を感じますね。

家族や友人の手厚いサポートのおかげでジャスミンさんは全身不随というハンデをものともせず、自分らしく生きています。

1つの大きな夢を叶えたジャスミンさんの次の目標は、ファッションデザイナーになること。

FacebookやYouTubeで募金活動を開始。

損傷した骨髄の治療費に当てるそうです。

艶やかな身なりのジャスミンさんをよく思わない人も多いです。

しかし、ジャスミンさんは決して非難に屈しません。

美への追及を止めないジャスミンさん。

数々の試練を突破し、目標を達成した彼女に怖いものなどありません。

諦めないことの重要性を再確認することができますね。

出典元:lenon