2016年の12月15日にテレビ東京系で放送された、トークバラエティ番組。
『40男はらいつー』にて博多華丸大吉の博多華丸さんが、愛娘とのクリスマスエピソードについて語りました。
そのエピソードは、華丸さん夫婦が行った、子供にとっては厳しくてもとても愛があるエピソードであり、お父さんやお母さん世代からの称賛の声が次々と寄せられています。
というのも、博多華丸さんは愛娘に対し、クリスマスプレゼントをあげない。
という選択をしたのです。
一体どうしてこのような選択をしたのでしょうか?

華丸さんは「サンタさんは小学校高学年まで信じさせないとだめ」という考えを持っています。そんな華丸さんが、娘が小学五年生の時のクリスマスの時の思い出について語りだしました。
クリスマス前の時期になっても、娘さんは部屋を片づけていなかったため、華丸さんは「片づけなかったらサンタさんは来んよ!」と注意したそうなのです。
しかしこれに対し娘さんは「知らん。いらんもん、別に。サンタさん」と言い返してきたそうです。
このとき華丸さんは「いいよいいよ。じゃあ来ないね、今年は!こんなに散らかってるんだからサンタさん来ないね」と伝えたのです。
ですが、反抗期だったこともあり、一度いらないと言ってしまった娘さんですが、やっぱりプレゼントはほしかったのでしょう。
クリスマス前日になって娘さんは「サンタさん、ごめんなさい。でも片付け、もう無理です。今年は間に合いません。来年よろしくお願いします」と手紙を書いたそうです。
時間的に片づけは無理だとしても、それを手紙にして伝えるというところがとてもピュアでかわいらしいとこですよね。

華丸さん夫婦はとても苦しい中決断を下しました。
それは
「プレゼントを渡さない代わりに手紙の返事を書く」
というものでした。
しかしそんな中、素敵なサプライズを計画したのです。
娘さんに送る手紙を華丸さんや奥さんが書いたものではいつか筆跡でばれてしまうと思いました。そんな華丸さんはアンガールズの田中卓志さんに代筆をお願いしたのです。
そして代筆をしている現場を、カメラに収めて、娘さんが20歳になったときに見せようと計画しているそうです。
共演者からも「大人になったときに見たら絶対面白いですよね」と華丸さんの父親力を大絶賛していました。

この番組の中でも華丸さんは。かっこいいパパでいたい。
や、俺がダサい格好していたらダサい男をつかむ。などと熱く語っていました。
シュッとタキシードを着こなしバージンロードを歩きたいとも語っており、娘さんんの将来の旦那さんよりもお腹が引っ込んでいることを目指しているそうです。

今回ご紹介した話はどうでしたでしょうか?
華丸さんの娘さんに対する熱い思いが伝わったのではないでしょうか!

出典元:twitter