1997年から週刊少年ジャンプに今なお連載されている漫画「ワンピース」は尾田栄一郎氏の作品で、先日連載を終了した「こちら葛飾区亀有公園前派出所」に次ぐ長寿作品です。

主人公のモンキー・D・ルフィとその仲間たちが友情をテーマに海での冒険を繰り広げる物語です。

この「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る漫画は、大人もハマる!とネットでも話題なんです。

テレビや映画でも放映され、読んだり観たりしていない人もどこかで話を聞いたり街中でポスターを見たりしたことがあるかと思います。

ストーリーの中ではルフィをはじめ、登場するそれぞれのキャラクターが言った名言や名セリフに、胸がグッと熱くなるのも人気のひとつです。

その中でもSNSで特に人気が高いものを紹介します。「なるほど!」と共感して熱くなること間違いなしです。

生きたいっと本音が(ニコ・ロビン)

エニエスロビー編で、ずっと人を欺きながら生きてきたロビンが言った名言です。

死ぬことだけをずっと考えてきたロビンが、ルフィ達に心を開いたときに本音が出たものです。思わず涙しちゃいました。

人の助け(ナミ)

自分の村を救うために必死で貯めたお金を海軍に奪われて、それまで1人で生きてきた彼女がルフィに助けを求めるナミの一言です。

人に助けてもらったらその人まで巻き込んでしまう、迷惑をかけてしまうと、自分1人で生きてきたナミ。




でも、辛い時や困った時、自分ではどうにも出来ない時は周囲を頼って良いんです。それでこそ仲間なんだから。

5.助けた代償(シャンクス)

ルフィが小さいころ、悪魔の実の影響で海で溺れてしまいます。それを助けたシャンクスの名言。

自分の命とも引き換えに何かを守りたいと思い、それを実践できる気持ちと勇気って、すごいですよね。

仲間との約束(ブルック)

普段はおちゃらけキャラのブルックですが、50年も前に仲間と交わした男の約束を果たすため、1人で海を彷徨っていました。

仲間との約束、守れていますか?

もう1度(ウソップ)

ルフィと喧嘩をして一味をやめたウソップ。でも、戻りたいと思う気持ちが強くなって素直に仲間に入れてくれとお願いするシーン。
無くして初めて気付く事って、多いですよね。更にそれを素直に言える勇気も必要ですね。

いかがでしたか?

当然ですが、人生の中ではいろいろなことがありますよね。そんな時、これらの名言たちを思い出して、それが少しでも心の支えになれば幸いです。

出典元:twitter