シバ、ごめんよぉ

20,658 views

シバ、ごめんよぉ

俺が中学2年生の時、田んぼ道に捨てられていた子犬を拾った。

名前はシバ。

雑種だったけど、柴犬そっくりで、オトンがシバと名づけた。

シバが子犬の頃、学校から帰ってきてはいつもかまっていた俺。

寝るときも、ご飯のときも、起きる時間も全部一緒だった。

なんで、ずっとそんな風に愛してやれなかったんだろう。

俺が高校にあがり、仲間もたくさんできて悪さをするようになった頃。

もう俺はシバをかまうことはなくなっていた。

シバが遊ぼう、と飛びついてきても「邪魔や!」と振り払った。

世話はいつしかオカンとオトンばかりがするようになった。

いつしかシバも俺を見ても尻尾さえふらなくなった。

そして俺は高校中退。

遊び呆けて家にも長いこと帰らなくなっていた。

そんなとき、携帯が鳴った。

「シバが、車にひかれて…病院連れてったけど、もうアカンっていわれた。」

オカンからだった。

「はぁ?なんやいきなり。

 あのバカ犬が死ぬわけないやん。」

俺は軽く考えていた。

「とりあえず、帰ってき。

 今、シバ家に連れて帰ってきたから…。」

正直めんどくさかった。

どうせもう、俺を見ても喜びもせんし、もしかしたら忘れてるかもしれん。

俺は重い腰をもちあげ、居座っている仲間の家を出て実家へ戻った。

玄関先に繋いでるはずのシバの姿はない。

家に入ると、俺は目を見開いた。

布団のようなものをかけられ、ぐったりしているシバ。

そしてオカンが優しく体を撫でていた。

「リードちぎって脱走しててん。

 そんでひかれよったらしい…。

 近所の中井さんが教えてくれたわ。」

オカンの目には涙がたまっていた。

俺の体にじっとりと嫌な汗がにじむ。

「最初はなんでシバが脱走したんかわからんかったけど…、

 中井さんが、青い原付を必死に追いかけてたって…、

 そんで後ろからきた車にひかれたんやって。

 そう教えてくれたわ。」

俺はその言葉に息をのんだ。

青い…原付…。

俺の原付も、同じ青色だ。

「多分、よその人の原付を、あんたやと思ったんやろなぁ。」

オカンの目から涙があふれた。

そして、俺の目にも、気づけば涙。

初めてシバを拾ってきた光景が頭に浮かぶ。

シバの横へ、俺は腰をおろした。

シバが痛々しいからだを、少し持ち上げる。

すると…、

フンフンと鼻を鳴らし、尻尾をふった。

俺は何かがはじけたように泣きじゃくった。

シバを拾ったあの日。

最後まで面倒みると誓ったはずだった。

ずっとこいつと生きていくと決めたはずだった。

シバがいつか死ぬときは、笑顔で送り出してやろう、だからそれまでいっぱいの愛情で接してやろうと…。

あの頃、誓ったのは自分自身だったのに。

「シバ、ごめんよぉ。

 俺いつもお前のこと無視して…。

 お前はいつも俺のこと見てたんやな。

 許してくれや、シバっ…。」

そう言ってシバの体を撫でた。

ペロペロとシバが俺の手をなめる。

それと同時に俺の手につく…、

シバの血。

オカンも声をあげ泣いていた。

「いつもあんたぐらいの男の子が、家の前通るたび、シバ、ずーっと見つめててん。」

オカンの言葉が、さらに俺の涙をあふれさす。

「シバ、逝かんでくれやぁ。

 また一緒に遊ぼうやぁっ・・。」

視界が涙でかすんだとき、シバがキュンキュンと声をあげた。

そして頭を俺の膝の上にのせ、

まるで、俺に、

「生きたいよ」

と言ってるようで…涙がとまらんかった。

代わってやりたかった。

そしてシバは、そのあとすぐ息をひきとった。

シバが死んで、6年。

今でもシバの命日には、シバの大好物だったササミを玄関においておく。

たまに猫がつまみ食いするけど、優しいシバのことやけん、黙って見とるんやろな…。

シバ。

お前のおかげで、自分の愚かさをしった。

ありがとう。

ほんまに、ありがとう。。。

そして、ごめんな。

大好きやで、シバ。

俺がいつか死んで、そっちに行ったら、

また俺の愛犬になってくれ。

そんときはもう絶対、そばからはなれんから。

約束するよ。

今度はもう、自分自身に嘘はつかん。

今、これを書いてる俺…、

フ、と目に手をやる。

気づけば、涙。

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑