2016年12月25日のこと。ウクライナ・ザカルパッチャ州、ウージュホロドのとある線路上での出来事です。雪の積もる線路の真ん中に、けがをしうずくまったままのメス犬と、そのそばで心配そうにメス犬にじっと寄り添うオス犬がいました。列車が近づいてきますが、2匹はその場を離れようとする様子がなく・・・

列車は通常通りに運行中の線路上のため、この2匹の存在を知り救助隊も救出作業を試みましたが、オス犬の警戒心は過剰なもので、とても犬に近づく事が難しい状況でした。
そんな中列車は2匹の存在に気づかぬまま近づいてきました。
この後2匹はどうなってしまうのでしょうか・・・

列車は2匹のすぐそばまでやってきましたが、動くことのできないメス犬のそばをオス犬も離れようとはしません。
とうとう列車は2匹の上を通過しました・・・
運よく列車の隙間で2匹は無事でしたが、彼らは2日間この場所で何度も頭上を通る列車におびえながらもじっとしのいでいたのだそう。




救助隊の一人デニス・マラファエフさんは、-10度という気温の中でオス犬がメス犬に寄り添いながら暖めあっていた様子を映像に残していました。

警戒心が過剰なまでに強く、メス犬を必死で守ろうとするオス犬の様子からも、救助活動は難航するも、何とか2匹を保護することに成功し、直後に動物病院へと搬送されました。
メス犬は「ルーシー」、オス犬は「パンダ」と名付けられ、現在里親さんを探す準備に入ったそうです。
こんなに愛情深いパンダですから、優しい飼い主さんに出逢って2匹仲良く暮らしていってほしいですね。

出典元:youtube