志村けんさん(66)といえば、言わずと知れた超有名お笑いタレントです。
その人間力から志村さんを慕う関係者は多く、しばしば相談も持ちかけられるようです。

そんな志村さんに、とある後輩芸人が泣き付きました。
娘の手術費用に300万円が必要だ、というのです。

それを聞いた志村さんは、1000万円をボストンバックごと彼にあげたのだといいます。
「出世払いでいいよ」と。

それだけでも志村さんの気前の良さが窺われるのですが、実はその後輩芸人の話はウソだったと発覚してしまったのです……。
そんな後輩芸人に対し、志村さんの言った一言がすごい……!

志村さんがその後輩芸人に1000万円を貸した経緯を聞いた、交流のある松村邦洋さん。
松村さんたちは、訝しんだそうです。
本当に、娘の手術に300万円が必要なんだろうか、と……。

そこで、松村さんと若手芸人は、その後輩芸人を問い詰めたそうです。
実は、手術費用の話はデタラメだったとわかりました……。




問い詰められた後輩芸人は悩み、志村さんに真相を打ち明けることにしました。
生活が困窮していてウソをついてしまった。手術費用というのはデタラメだった、と。

すると志村さんは、こう言い放ったのです。

『なんだ、娘さん無事なの?
良かったな〜。ほっとした!
貸した金?
ああ、どうでもいいよ。金は天下の回り物だ』

こう言って、志村さんは笑って許したといいます。
自分が騙されて、娘さんの無事に安心できる人がどれだけいるでしょうか?

この器の大きさに、後輩芸人は罪悪感と感動で泣き崩れてしまったと言います。

他にも志村さんには、フライデーを襲撃して干されかけたライバルのビートたけしの面倒を見たり、松本人志に認められた数少ない芸人だったり、といったエピソードがたくさんあります。

さすがは志村けん。
お笑い界の大御所の一人なだけありますね。

2016年8月には肺炎での入退院といった出来事もありましたが、これからも元気で活躍なさってほしいものです。

出典元:hitomoti