あなたが高速道路で車を走らせているとき、もしも目の前でバイクが止まっていたら、どう思いどんな行動を取るでしょうか。
迷惑だと思って、無視するという人が多いのではないでしょうか。確かに高速道路で、止まっているという行為は迷惑でしかないでしょう。
しかし、もし何らかのトラブルでそうなってしまっているのだとしたら、きっとその人はどうしていいか分かっていないだけなのかもしれません。
高速道路で止まってしまったバイクに遭遇したトラック運転手がいました。その運転手が取った行動が、賞賛を集めています。一体どういう手段を取ったのでしょうか。

場所はシカゴの高速道路。真ん中を走っていたバイクに異変が起こりました。高速道路の途中で、ガス欠になってしまったようなのです。
端に避難したいと思うものの、両方の路線共にひっきりなしに車が走ってきます。身動きを取ることができませんでした。きっと動かないバイクの上でどうしたらいいか分からなくなっていたことでしょう。
気持ちばかりが焦っていきます。

しかし、バイクの後ろを走っていたトラックの運転手は、バイクが動けなくなっているところを見て、ガス欠を起こしたことを察しました。その後にトラックの運転手が取った行動は大変素晴らしいものだったのです。

説明するよりも動画を見てもらった方が早いかもしれません。
バイクが動けなくない状態であることを知り、ハンドルを切るトラックの運転手。誰もが、バイクを避けていこうとしたのだと思うでしょう。
しかし、ハンドルを切り、後続の車からバイクを守るためだったのです。歩いて端に向かうように声をかけるトラックの運転手。それに、ありがとうとハンドサインを送りバイクを移動させていきます。バイクが完全に移動したことを見届けて、トラックはまた走り出していきました。




ムリに避難をしたり、トラックが避けていき、後続の車がバイクに気づいていなければ、事故になっていた可能性は高いでしょう。トラックの運転手の対応もあり、事故になることはありませんでした。

この素晴らしい行動に対して、様々な声が寄せられました。どれを見ても、トラックの運転手を褒めるものです。

これぞプロのドライバー。尊敬するよ。

最高な紳士だな!手際が良い!

彼みたいなドライバーが増えればいいのにね。

トラックの運転手に対して、荒っぽいイメージを抱いていたり、事故を起こしやすいというイメージを抱いている人もいるかもしれません。ですが、それはトラックを運転する人すべてに言えることではありません。
トラックという大きな車体で起きる事故だからこそ惨事になってしまうため、ニュースなどで取り上げられやすいのでしょう。そのため、荒っぽいというイメージで見てしまいがちです。

ですが、全てのトラック運転手が荒っぽいわけではありません。危険な乗り物だからこそ、安全運転を心がけている人もいるはずなのです。
高速道路でバイクを助けた人のような素晴らしい運転手が増えると、トラックに対するイメージもどんどん変わっていくのではないでしょうか。私たちも偏見を捨て、こういう素晴らしい人がいることを心にとめておきたいものですね。

出典元:youtube