夢を壊してしまうようですが、結婚にはいろいろな障害もつきものですよね。
様々なしがらみが複雑に絡み合うこともしばしばですがそんな中、心配されていた問題をすてきなアイデアで切り抜けたあるカップルの披露宴会場での出来事をご紹介します。

めでたく結婚式の日を迎えたお2人。披露宴といえば一般的にはビールはなくてはならないものですよね。
ところがこのお二人にはちょっぴりやっかいな事情があったのです。
それは、新郎はアサヒビールの営業マンであり、新婦はキリンビバレジの部長令嬢だということです。
というわけで、披露宴会場には競合他社2社の関係者の方たちがたくさんいるわけです。
「どっちのビールが出るの?」と誰もが気になっていたのではないでしょうか。

みんなが気になっていたビール、この披露宴では“アサヒ関係者の席にはキリンビール、キリン関係者の席にはアサヒビール”をだしたのだそうです。




すてきですよね!
もしかすると普段の生活の中で他社のビールを飲む事ってなかなかないかもしれませんよね。
こういう機会だからこそ、お互いに競合メーカーのビールを飲み合う、ってすごく素敵だし、おめでたい席だからこそ、みんな素直においしい!って言い合えるのではないかなとその場の空気を想像すると、ほんと素敵な披露宴になったのではないかとあったかい気持ちにさせてもらえたきがします。

なんだか競争がますます激しくなる社会に嫌気がさしそうになることもあると思いますが、普段の生活の中でもこんなふうに遊び心を取り入れて生活できたらきっと平和な未来が待っているのではないでしょうか。
そんな素敵な気持ちにさせてもらえたこのお二人が末永くお幸せでありますように!

出典元:twitter.com