車を運転していると、動物が飛び出してきたという場面に遭遇した人もいるかもしれませんね。日常生活を送る中で、野良犬や野良猫に遭遇する機会もあると思います。
トラック運転手をしているダンさんもその一人でした。それは仕事中、トラックを運転していたときのこと。道路の端に、野良犬がいるのを発見します。このままでは、車に轢かれてしまうかもしれないという考えから、救出することを試みるのですが、野良犬はなぜかそれを拒むように、近くの森の中へと入ってゆくのです。
そして、ダンさんが犬についていくと、そこにはもう一匹の救わなければならない『別の動物』が待っていたのでした。その動物とは一体何だったのでしょう?

トラックを運転しているときに、ダンさんが見つけた野良犬は、「ジャック・ラッセル・テリア」だったそうです。恐らく飼い主に捨てられてしまったのでしょう。

ダンさんが救出しようと近づけば、犬は吠えて、それを拒否しました。そして、そのまま森の中へと入っていきます。それはまるで、ダンさんをある場所へと導くようでした。
犬について、森の中へと入っていくと、そこにはもう一匹の動物が待っていたのです。それはペット用の白いうさぎでした。
犬はきっと茂みの下で座るうさぎのことも助けてほしいと思ったのでしょう。ダンさんがうさぎを抱きかかえると、犬もダンさんについてきたのです。
ダンさんは、無事二匹の動物を救出することができたのです。

ダンさんは、この二匹に名前をつけました。犬には高速道路を意味する「ハイウェイ」という名前を、うさぎには州と州を繋ぐ高速道路を意味する「インターステイト」という名前を、それぞれに考えたそうです。
この二匹は、それぞれ別々の団体へと預けられました。というのも、地元の動物救護団体はハイウェイしか引き取ってくれなかったのだそうです。おそらくうさぎを育てる施設がなかったのでしょうね。
二匹は離れ離れになってしまいましたが、ハイウェイはその後新しい飼い主に巡り会い、引き取られることになったようです。新しい家族と幸せに過ごしてほしいですね。




一方のインターステイトはというと、保護団体に預けられ、新しい家族に巡り会う日を待っている状態だそうです。一日も早く新しい家族が見つかるといいですよね。

偶然にもダンさんに見つけられ、保護された二匹ですが、それまでには長い時間を共に過ごしていたかは分かりませんが、ずっと支え合ってきたことが推測されます。インターステイトを保護している団体の代表者も、二匹の関係についてこのように語っているそうです。

「ハイウェイとインターステイトは、ずっと森の中でお互いを支え合って生きてきたのでしょう。どれくらいの期間そうしてきたかは、誰にもわかりません。インターステイトはハイウェイと一緒に暮らしてきて、本当に幸運です。ハイウェイに助けの手が差し伸べられたとき、ハイウェイは自分だけが助かることを嫌がり、インターステイトの元まで人間を連れて行ったのですから!」

別々の動物でありながらも支え合い、生きてきた二匹。このケースのように種族の枠を超えて、支え合ったり、仲良く生きている動物は世界でたくさん報告されています。
私たち人間は同族でありながら、感情の違いや宗教の違いなどいろいろな理由で日々争っています。この種族を越えた絆を持つ動物たちのように、手を取り合うことができるといいのですが…。

出典元:surprise-magazine