トルコ人のメフメト・イルハンさんは79歳でこの世を去りました。彼は長い闘病生活だったそうです。
メフメトさんが亡くなり、家族は彼との別れを悲しみ、そしてそれは飼い犬のセスールも同じ気持ちでありました。
メフメトさんにとってセスールはとても忠実で、そして信頼関係も深かったです。だから、犬とはいえ、メフメトさんにとっては良き友人でもありました。
そんなメフメトさんが病院へと搬送された際には、セスールはメフメトさんを思うばかりに餌を食べようとしなかったそうです。

メフメトさんの棺を埋葬するために墓地へと運ぶ際に、人々を先導したのはセスールでした。
葬式の間、セスールはずっと棺から離れようともせず、悲しげな表情を浮かべてはうなだれていたそうです。
そんなセスールの悲哀に満ちた様子が参列者の心に深くやきつけられました。

メフメトさんがいなくなった後に、悲しみにくれたセスールを引き取ったのはメフメトさんの息子アリさんでした。
だけれども、アリさんが毎朝仕事へ出かけようと玄関のドアを開ける度に、セスールは家から飛び出し、どこかへ行ってしまう日が続いたようです。
ある日、セスールの行動が気になったアリさんは家を出たセスールの後を追うことにしました。そして、そこで目にした光景にアリさんは衝撃を受けることになります。




セスールは一目散に町の墓地へと駆け込むと、元飼い主であったメフメトさんが眠る墓の前で座り込んでいたのです。

どうやらセスールは、愛する元飼い主であるメフメトさんを亡くした悲しみを脱ぎ去ることができなかったようです。
しかしメフメトさんのことを忘れられない気持ちは家族も同じでした。
家族は、セスールを見守り、立ち直れるまでお互いを支え合えれば、と今では考えているそうです。

セスールの行動は改めて人間と犬の間にある絆を思い知らせてくれます。
動物は人間ではないにしろ、人間に対し、どれほどの愛情を抱いているのか。考えさせられる出来事ですね。
メフメトさんを亡くし、悲しみに明け暮れているセスール。1日でも早く立ち直れることを心から願うばかりです。

出典元:facebook