2011.3.11に起こった東日本大震災では地震被害だけでなく津波により多くの人の命が奪われました。人だけでなく、家・車・モノが流され失われていく光景は今も脳裏に焼き付いて離れません。この津波によって流されてしまった横山育生さんのハーレーが海外で発見され、注目されることとなりました。

宮城県に住んでいた横山さんは、津波によって家族3人を失いました。
さらに、大切にしていたハーレーのナイトトレインというバイクを保管庫として使っていたコンテナごと流されてしまいます。
しかし驚いたことに1年後、約6000kmも先のカナダのグラーム島に漂着し、島の住人であるピーター・マークさんに発見されたのです。

ピーターさんはナンバープレートから、ハーレーの持ち主は日本人であることに気づきます。そしてその話はハーレーの本社に伝えられ、そこから持ち主である横山さんのもとにも連絡が入りました。
ハーレー側は修理して返す旨を伝えましたが、横山さんは「受け取れない」と拒否し、ある提案をします。

大事にしていたハーレーが奇跡的に手元に戻る機会を得たはずなのに、
横山さんが受け取りを拒否した理由とは???

横山さんが受け取りを拒否した理由。
それは
「周りの人たちも同じような(大切な人やモノを失う)経験をしたので、自分だけそのような恩恵を受けることはできない」と思ったからだそう。そのかわりに「ミルウォーキーにあるハーレーの博物館でこの自分のバイクを津波の犠牲者へ捧げてほしい」とお願いしたそう。

横山さんの気持ち・要望を受け、ハーレーは博物館での展示を決定しました。

ビル・ダビットソンさんによると、長い年月の漂流を経たこのハーレーは海水の浸食が今もなお進んでおり、見た目や形状は今も少しずつ変化しているのだとか。
奇跡的に漂流し、博物館に展示されたこのバイクの姿は、人々に自然の脅威や津波の恐ろしさを訴えかけています。

いかがでしたか?
横山さんは、どんなに自分が大切にしていたものであったとしても、あの震災で多くの人が多くの大切なものを失ったことを思うと受け取ることはできなかったのでしょう。
この思いやりのある行動はハーレーのみならず、世界中の人々に伝わり、感動を与えました。

出典元:facebook