前方を走るトラックが突然ハザードで警告→その意味を知って、感謝の気持ちが。。。

10,391 views

車やバイクなどを運転したことがある、または同乗しているとよくあるのがトラックなどの大型車で前方の視界が塞がれてしまう状況。視界をクリアにするためには大型車よりもはるかに間隔をあけて走る他に方法はありませんよね。ですが十分な車間距離以上に間隔をあけて走行する方がどれほどいるでしょうか。むしろトラックで視界が遮られているからと言って信号を無視してしまう人のほうが多いような気がします。そこで走行中にこんな機転のきいたトラック運転手の粋な合図をもらったら、あなたはその後どうしますか?

車で走行していると性格がそのまま運転に反映されます。たまにハンドルを持つと性格が変わる、なんていう変わった方も存在しますが自分勝手な人の運転ほど迷惑なものはありません。ですが世の中にはこんな後続車に優しいトラック運転手もいるんです。

大型車の種類によってはかなりの距離をあけても信号機が見えないことって結構あると思います。そんな時、前方のトラック運転手が気を使って「もうすぐ赤信号になるよ」とハザードで合図を送ってくれたら。急ブレーキではなく安全に停車できるのはもちろんのこと、心のなかでちょっとした感謝もしてしまいますよね。

本来「危険」などを教えるために点灯するハザード。使う人によってはそれ以上の意味を持つことも覚えておいて損はないでしょう。このトラックの行動は視聴した人達から数多くの称賛の声が集まりました。

・さすがトラックのドライバーはプロですね。こういう気遣いは本当に助かります
・トラックの運転手も人によると思うけど。でも、このドライバーは素晴らしい
・やってもらうだけなく、自分も周囲の車に合図などを心がけてます。運転している時はお互い様なので

合図をした方もされた方も、気持ちよく交通安全を守ることができる、トラック運転手の機転には脱帽です。トラック運転手だけではなく、何もなさそうな直線道路で対向車がパッシングしてくるのを経験されたことがあるでしょうか。これらも使用する人によってはさまざまな意味を持っています。

・日中にも関わらずライトが点灯していると教えてくれている
・ライトが上向き(ハイビーム)で眩しいとの忠告
・この先に警察によるシートベルトや速度の取り締まり等をしている報告
・右折や左折などの「お先にどうぞ」の合図

対向車にパッシングされた時も、何かあるのだと疑うことが大事ですね。
時にトラック運転手の機転は合図だけではありません。身を挺して危険を教えてくれることもあります。それがこちら。

咄嗟のことですから、トラックが突然自分の車に幅寄せ(車線を踏み越えてこちらに迫る運転方法)されたら誰でも恐くて停車してしまいますよね。でもこの動画のトラック運転手はそうすることで後方を走っていた別車線の車が、カーブで見えなかった前方の事故現場に突撃しないよう、わざと止めさせたのです。確かに常識の欠如や高齢化などで迷惑極まりない運転をする人が多くなってきた現代ですが、こういった常識以上に優しさのある人がいることを忘れてはいけないと再確認させて頂きました。

出典元:youtube

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑