小さなお子さんがいるお母さん達は、子育てに家事に、毎日奮闘していると思います。
幼いうちはいきなりぐずりだしたり、連れ歩くにもカートを利用したり、大変なことが多いですね。

そんな子育て真っ最中のあるお母さんが、スーパーに行く際、ベビーカーでバスを利用した時のこと。
車内は2~3人が立つほどの混み具合でした。
するとどこからか女性のこんな声が聞こえてきました。

「ベビーカー、なんとかすればいいのに…」
「混んでるんだから、たたんで赤ちゃんは抱っこすれば…」
「混む時間にベビーカーなんて…」

もしかしたら座れる席があったのに、ベビーカーが通路にあったため通りづらく、他の人が席に座ってしまったのかもしれません。
そのせいで、そんな文句のようなことをわざわざ言ったのでしょうか。

すると、優先席に座っていたおばあさんが、文句を言った女性に言葉をかけました。

優先席に座っていたおばあさんは、席を立ち、文句を言った女性に「こちらに座ってください」と言ったのです。
そしてベビーカーの赤ちゃんと女性を見比べながら、こう続けました。「こっちの良い子と違って、あなた、癇癪をおこしちゃったようだからねえ。」

周りがそんなやりとりに注目し始めたせいもあってか、文句を言った女性は前方の離れた場所に移動してしまいました。

ベビーカーのお母さんは驚き戸惑った様子でしたが、おばあさんの優しさに気付き、お礼を言いました。

おばあさんは子育て中のお母さんに「子育てと介護は本当に大変ね。自分も育ててもらって、今度はいつか子どもに介護してもらう日が来る。あなたは今は一生懸命子育てしてね。」と言いました。

そしてもう一言「みんなあなたと同じ思いをしてるし、みんなあなたの味方」と言いました。
おばあさんの言葉に、お母さんは、疲れていた心が癒された気持ちになったそうです。

誰もが子どもの時を経て、大人になりました。
きっと自分の親もいろんな苦労をして子育てをしてきたはずです。
そう思えば、今一生懸命子育てをしているお母さんお父さんを、周りが優しい気持ちで支え、助けてあげることができるかもしれませんね。

出典元:cadot