「この子からチューブを外してあげて」に《フォトショ職人》が立ち上がる!!

8,262 views

2014年5月30日、米オハイオ州で生まれたソフィア・ステフェルちゃんは、肝血管腫のため6週間という短い人生を閉じた。生まれてから治療のため、ずっと病院でチューブにつながれたままだったソフィアちゃんには、チューブをはめていない写真が一枚もない。

そこで父親のネイサンさんが、海外ネット掲示板 Reddit に「生まれたばかりの娘が闘病の末亡くなりました。誰かこの子の写真から、チューブを外してあげてくれませんか?」と依頼したのだ。

するとその依頼を見たフォトショ職人達が、子供を亡くした親の願いを叶えるために立ち上がった! 次々とソフィアちゃんからチューブが取り除かれた写真が、同サイトのスレッドにアップされていった。

元となった病院で治療中のソフィアちゃんの写真
a

フォトショ職人・アーティストが加工した写真
b
c
d
e

フォトショ職人・アーティストの“何かしてあげたい!” という優しい気持ちがひしひしと伝わってくる画像ですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑