1人で食事中だった警察官のテーブルに来た4歳の女の子→彼女の優しさに癒される人続出!!※動画あり

5,979 views

アメリカ・マサチューセッツ州のレストランでの出来事。ある警察官に起こったちょっと微笑ましいお話です。それは彼がひとりで夕食をとっていたとき、そこに近づいてきた、まだ4歳女の子、更には彼のテーブルについた、その理由とは?

アメリカ・マサチューセッツ州にあるヒンガム警察署に勤務する巡査部長のスティーブン・ディアースさんはある日、休憩と夕食を兼ねてあるレストランに立ち寄りました。

オーダーをしようと列に並んでいると、食事をしていた家族の中の女の子がディアースさんに向かって笑顔で手を振っているのに気がつきました。

女の子は父親の膝に乗って食事をしていましたが、父親から、「お話してきたら?」と促されて、ゆっくりとディアースさんのもとに近づいて来ました。

ディアースさんのところに話に来た女の子は「リリアン」という名前で4歳だそうです。しばらく話をしたあと、話をしに来てくれたお礼にと、ディアースさんはリリアンちゃんに警官バッジのステッカーをプレゼントしました。
リリアンちゃんはプレゼントをもらって、うれしそうに家族のもとに戻って行きました。

でも、このあとがほっこりするお話なのです。

オーダーを済ませて、ディアースさんはテーブルでひとりで食事をしていると、リリアンちゃんがまたやって来ました。向かい側の席に座ったリリアンちゃんは、「ひとりで食事をしていて淋しそう。お話し相手になってあげよう。」と思ったようです。

「私も大きくなったら警察官になりたいの」とリリアンちゃんは嬉しそうに将来の夢を話してくれました。

そんなリリアンちゃんの優しさにディアースさんがとった行動は…

リリアンちゃんの優しさで楽しい食事を終えることができたディアースさんは、外に停めていたパトカーをリリアンちゃんに見せました。さらに、後日リリアンちゃん一家を警察署に招待することを約束しました。

この一件がFacebookにUPされるとたちまち大反響を! 様々なコメントが寄せられました。

なんて素敵なお話!
こんな優しい子を育てたご両親も素敵な人に違いない
いつだってこんな風に、子どもたちが良い変化を起こしていくんだ

ディアースさんは言います。「最近は警察官に関する悪いイメージが広がっているようですが、実際は、我々のほとんどはそんなイメージとは違い、善良な、地域の人々のためにと一生懸命働いていることを知ってほしいのです。そんな中、リリアンちゃんが気軽に話しかけてくれたことは私にとってはとても嬉しい出来事でした。」

また、「リリアンちゃんとの食事は、今までで最高に素晴らしいディナーになったね。」と満面の笑みを浮かべながら話してくれました。

このお話の通り、食事は「何を食べるか」もありますが、「誰と食べるか」がとても大事なのがわかりますよね。

出典元:facebook

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑