6年間チェーンにつながれたビーグル犬の姿から、動物を飼うという事の意味を考えさせられる。。。※画像あり

ルーマニアでのお話です。ある日リサイクルショップを訪れた女性の目に飛び込んできたのは、チェーンで繋がれていたビーグル犬でした。
半径1mの世界しか知らなかったこの子がこの女性に救われ、初めて目にした世界とはどのようなものだったのでしょうか。

動物保護シェルターで働くノリカさんが中古のストーブを購入しようと立ち寄ったリサイクルショップで出会ったビーグル犬の名前は「レディ」。6歳でした。レディは古い車にチェーンでつながれていて、大切にされている様子はうかがえず、ノリカさんはストーブを買うことをやめ、この状態から救うためレディを引き取るべく飼い主と連絡を取ろうと交渉を試みます。

実際の飼い主はリサイクルショップの人ではなく、海外にいるということがわかりました。ノリカさんは連絡するたびに断られたのですが、諦めずに連絡を取り続け、ようやくレディを引き取れることになりました。

6年もの間、チェーンにつながれたまま半径1メートルの世界しか知らずに生きてきたレディはこの日人生で初めて外の世界を知りました。新しい世界では見るものすべてに興奮の様子。

どこを見ても見たことのないものばかり。そこにあたりまえにある転がる石にさえも深く興味を示していたレディと費やした時間は想像以上で、帰宅は遅くなりましたがそれはとても有意義な時間となりました。

ノリカさんの動物保護シェルターはまだ規模が小さかったため、残念ながらレディが暮らすスペースを確保することができず、里親センターで暮らすことになりましたが、食欲も旺盛なレディは元気いっぱい他の犬たちとも仲良く暮らしているそうです。

どんなに小さくても私たちと同じ一つの大切な命です。無責任な行動をする飼い主の意識に気づきが生まれることを願います。

出典元:surprise-magazine

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑