宇宙へ打ち上げた小型カメラは行方不明に…しかし2年後に奇跡の発見をすることに!!※動画あり

1,592 views

これは宇宙に向けて打ち上げられた小型カメラが、行方不明になり、そして2年の時を経て戻ってきたという、奇跡のお話です。

スタンフォード大学の学生たちが通信機を取り付けた気球を打ち上げましたが、1時間27分後高度30kmに到達した時、気球が破裂してしまいました。

装着したカメラ。

落下場所も入念に計算してあったそうです。

気球の打ち上げの様子。

そして装着していたカメラは通信が届かない場所へ落下、行方不明になってしまいました。
せっかくの貴重な映像が失われ、学生たちはがっかりしたことでしょう。

ところが、その後、奇跡が起きます。

「救われたカメラには…」

行方不明となってしまったカメラ。
しかし2年後、偶然にも通りかかった女性がそれを発見。
しかもそれは砂漠のど真ん中でした。

さらに発見者の女性は、なんとその落下した通信機器の通信会社に勤務していたという幸運が重なり、カメラは持ち主の元へ戻ることができました。

そして戻ってきたカメラには映像が残っていました。

美しいですね…!
こんなに地球は美しいのかと、感動します。

本来なら、GPS機能でカメラの落下場所がわかるはずだったのですが、想定していた位置から大きく離れてしまったため、落ちた場所が特定できなくなりました。
しかし、偶然に偶然が重なった発見により、こんな美しい映像を見ることができました。

カメラが戻って来るまでの奇跡のストーリーを思うと、この映像がなお美しく見えますね。

出典元:youtube

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑