【水や井戸ではなかった!】水道のない村で、少年が本当に欲しかったモノとは。

9,696 views

世界には、安全に水が飲めない地域がたくさんある。

安全な水を手に入れるために、毎日遠くの水場まで汲みにいく子どもたち。
それによって、奪われていくものがある。

「時間」

「時間」を奪われ、学ぶ機会を失われている子どもたちがいる・・・。

もし1日6時間という水汲みの必要がなくなり、自由に使える時間が増えたなら?

1週間で、42時間。
1ヶ月で、168時間。
そして1年で、2016時間。

その時間を使い、少年は医者になった。
井戸ができるまで、医者という仕事があるなんて知らなかった。

「時間」は、彼らに大きな可能性を与えてくれる。

 

出典元:YouTube 国際NGOワールド・ビジョン WorldVisionJapan

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑