泣いたり笑ったりと幼い子どもはストレートな感情表現が目立ちますが、そればかりとは限りません。

2人兄弟を育てるお母さん、お兄ちゃんは3歳半で弟はまだ1歳。
どうしても下の子にかかる時間が長くなります。

ある日、お兄ちゃんが「ごはん食べたくない。おかし食べる…」と言い出しました。
それからはお菓子ばかり口にして、ちゃんと食事をとってくれません。

なぜだか理由がわからないお母さんは困ってしまいました。
そこで、仕事帰りのお父さんが話をしてくれることに。

さて、お父さんはどのようにお兄ちゃんへ語りかけたのでしょうか?

「パパのひざに乗って少し話をしよう」

まず、お兄ちゃんがお母さんによく「プレゼント」をあげていることを話題にしました。
すると「今日もお花をあげたんだよ!」と得意げです。
お母さんは「嬉しいって言ってた!」とのこと。

ここからが本題。
「じゃあ、ママが『プレゼントなんかいらない。
お花じゃなくて他のがいい』って言ったらどんな気持ち?」
お兄ちゃんはビックリして「いやだ…」と泣いてしまいました。

「ママが毎日作ってくれるご飯は、お前へのプレゼントなんだよ。
『喜んでくれるといいな』って思いながら作ってるんだ。
お前がお花をつんでる時の気持ちと一緒じゃないかな?」

相手の立場になって気持ちを考えることの大切さ…
お兄ちゃんへしっかりと伝わったようです。

「ママ、ごめんなさい…」

お母さんの気持ちを想像したことで、お兄ちゃんの素直な思いも言葉になります。

「ママと一緒に食べたかったんだもん!
『あちゅまれー』して欲しかったんだもん…」

お母さんが弟にかかりきりのさびしさから、食事をとらないことで気を引こうとしていました。
ストレートな気持ちを表現できずに裏腹な態度をとってしまうこと、幼い子どもでなくともありますよね。

お父さんの「ファインプレー」でお母さんもお兄ちゃんの気持ちを知ることができました。
その後は3人で会話しながらご飯を食べるようになったそうです。

出典元:hitomoti