ひとりで路上を歩くおばあさん…彼女を車に乗せた男性の素敵な体験とは!?

3,308 views

アメリカでのお話です。
ウエストバージニア州東部マーティンズバーグという町に住む男性は、ある日、運転中に一人きりで道を歩くおばあさんを見かけました。

何もないところを、ただただ歩くおばあさん。
心配になった男性は、車を彼女に寄せて聞きました。
「大丈夫ですか?」
すると彼女は隣町のヘッジズビルへ買い物に行くと言うのです。
車でも10分かかる場所へおばあさんが歩いていくと知り、男性は驚きます。

そしてこの後2人は…。

彼女はヘッジズビルの出身だったそうですが、息子が亡くなると、知り合いのいないマーティンズバーグに移されてしまったと悲しそうに話します。
気の毒に思った男性は「どこへでも連れて行きますよ」と、彼女を車に乗せました。

すると彼女は身の上話を始めました。

彼女の名はイザベル、93歳で、アメリカの先住民であるネイティブアメリカン。
13歳で初めて結婚したこと、5人の夫を持ったこと、自分が育った山々の自然の事…イザベルはユーモアのセンスがあり、彼女の人生を楽しく語ります。

男性は、イザベルの話にどんどん引き込まれます。
波乱万丈の彼女の物語は面白く、あっという間に時間が過ぎてしまったそうです。

そして目的のお店に到着し、彼女はインスタントコーヒーの瓶をひとつ買って戻ってきました。

帰り道、イザベルは自分の住んでいる住所を忘れてしまったと言い出します。
「私がどこに住んでいたか知ってる?」
困った表情をする彼女に、男性は優しく答えました。
「いいえ。でもこのままゆっくり運転していれば、そのうち思い出すかもしれませんよ」
再び、2人のドライブが始まりました。

イザベルのお話は続きます。
12歳の時の農場での仕事、初恋の人に出会った果樹園、人種の違いで実らなかった恋…。

そして、しばらくすると、イザベルは自分の家を見つけました。
車を降り、男性を振り返りこう言います。
「あなたがどこから来たのか知らないけど、お礼を言いたいわ、ありがとう」
男性はこの言葉に心を動かされ、彼女に名刺を渡し「いつでも連絡して」と言いました。

出典元:cadot

男性は、短い時間でしたが、イザベルの人柄を好きになり、彼女の物語を聞くことで、一緒に冒険をしたような気分になったのかもしれません。
そしてイザベルも、この男性の優しさに触れ、束の間過去への冒険を楽しんだのでしょう。
2人の偶然の出会いは、それぞれに優しい気持ちが生んだ奇跡の時間だったのかもしれませんね。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑