奇病「魚鱗癬」を患いながら…私は私と言える強さを持つ彼女の22年後の姿は・・・??※画像あり

9,703 views

写真の赤ちゃんは、ムイ・トーマスさん。
彼女は生まれながらにして「魚鱗癬」という奇病を患っていました。
この病気は皮膚の異常代謝により、表皮が魚の鱗のようになってしまうという病気です。
この病気により、彼女は施設に送られることになってしまいました。

彼女が生まれた病院でボランティアとして働いていた、ドイツ出身のティナさんと、イギリス出身のロジャーさん。
2人はムイさんに何かの縁を感じていたそうです。
そこで、施設に送られることが決まったムイさんを、2人は養子に迎える決心をしました。

そして彼女はどうなったのでしょうか?

ムイさんは、感染症にかかることもなく、ティナさんとロジャーさんの愛を受けて、すくすくと育ちました。

しかし、やはり周囲の目は、ムイさんの病に好奇な視線を向けます。
学生となったムイさんは、外見からいじめの対象となることもあり、「死にたい」と思うこともありました。

また、母親であるティナさんに対しても、心無い言葉を言う人もいました。

しかし、ロジャーさんは「この先どうなるかなんてわからない。毎日を大切に生きよう」と二人を励ましました。

そしてムイさんは学校を卒業すると、知的障がい者の教師として、またラグビーのレフリーとして、どんどん活躍していきます。

「見た目で、人前に出ることを躊躇する人も多くいると思います。でも人が何と言おうと私は私。気にせずやりたいことは、とことんやっちゃう方ですね。」
このように話すムイさん。

そして、ムイさんが自分の境遇に立ち向かっていく姿は、多くの人に影響を与えたということで、香港のラグビー協会からレフリー賞を受賞するのです!
ティナさんとロジャーさんと出会い、2人に愛されて育ったムイさん。
励まされ、心折れることなく「私は私」と言える強さを持てるようになりました。

そんな彼女の素晴らしい生き方から、人は見かけじゃないという信念と、生きることへの強さを学ぶことができますね。

出典元:academic-box

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑