イギリスの人気俳優ロジャー・ムーアさんと言えば、スパイ映画の「007」で主人公のジェームズ・ボンドを演じた日本でも人気のある俳優です。

2017年5月23日、ムーアさんがスイスで死去したことが報じられ、全世界に衝撃が走りました。
各関係者の方々からも「ムーアさんとの忘れられないエピソード」として多くのコメントが寄せられています。

今回は当時まだ7歳の少年だったヘインズさんのエピソードを紹介します。
当時のムーアさんは、既に「007」のジェームズ・ボンドとして大人気の映画スターでした。
ヘインズさんは、祖父に「一緒にサインをもらいに行ってほしい」とお願いしました。

ムーアさんは子どもの申し出に快くサインをしてくれたのですが、当時7歳だったヘインズさんにとっては期待していたものとは違うサインが出てきます。

「ロジャー・ムーア」と書かれたサイン。

ムーアさんにしてみればこの対応は当たり前の事ですが、7歳だったヘインズさんが期待していたのはいつも見ている「ジェームズ・ボンド」のサインだったのです。




落ち込んでいるヘインズさん。
ムーアさんはヘインズさんが「ジェームズ・ボンド」のサインが欲しかった事を知ると、ムーアさんは神対応をしたのです。

「私はね、ロジャー・ムーアという名前でサインをしなければならないんだ」

「なぜなら『ジェームズ・ボンド』とサインしてしまうと、ブロフェルドに居場所がバレてしまうかもしれない」

※ブロフェルドとは、『007』に登場するジェームズ・ボンドの宿敵

Live Radio ーより引用(和訳)

最後に「ここでジェームズ・ボンドに会ったことは秘密だよ」と、ヘインズ少年に言ったのです。

いやーカッコ良すぎです。
数々の伝説を残したロジャー・ムーアさん。
これからも多くの人たちの心の中で生き続けていくことでしょう。

出典元:talkradio