進学校であればある程、勉強やテストに対しての意識は厳しいものになります。
関東にある有名な進学校。その日は学校の期末考査の試験日でした。
一人の女子高生が学校に向かっていると、目の前におばあさんが倒れていたそうです。
そばには重たそうな荷物・・・どうやら足をひねってしまっているようで、苦しそうな表情で顔を埋めています。
急いで救急車を呼びおばあさんに寄り添っていると、数十分後に救急車が到着。

もうすでに高校は遅刻の時間だったため、学校に事情を簡単に説明しておばあさんと一緒に病院へと向かいました。
幸いおばあさんのけがはねん挫のみで済んでいたため一安心。
おばあさんからのお礼と謝罪を笑顔で受けながら女子高生は学校へと向かいました。

しかし、遅刻して学校に到着するも、教師から衝撃の言葉を聞かせられます。
なんと、期末考査の再試は受けさせないというのです。

事前の連絡をしていたのにも関わらず、「どんな理由でも、あなたの都合で試験に来られなかったのだから、追試なんてありません

「親族でもない人が怪我していたからといって、あなたが試験を受けられない理由にありません」
「そんなことを言ったら、世の中の誰かが怪我をしているからといって、いくらでも追試や再試を受ける理由がつくれてしまいます」

との返答が!

「じゃあ、その場でおばあさんを見捨てればよかったんですか?」
と聞くと、「それなら、救急車を呼んであなたは学校に来ればよかったじゃないですか。どうしてもあなたが救急車に乗らなければいけない状況だったのですか?」
と聞かれてしまいます。

教師の言っている事も一理ある為か、悔しさで泣きそうになる女子生徒。
結局、自宅に帰されてしまいます。
しかし、学校にかかってきた一本の電話が、彼女の運命を大きく変える事になるのです。

「学年考査の件ですが、特別に試験を行うことに決定しました。
いまから学校に来てください」

彼女にかかってきた電話で教師からそういわれました。
驚きと共に試験を受けられる喜びで急いで学校に向かうと、彼女用の特別試験室まで設置されています。
教師に理由を聞くと、なんと彼女が助けたおばあさんから学校に電話がかかってきたそうです!

しかもそのあばあさん、なんと女子学生が通っている進学校の生徒だったとか!

生徒だったからこそ、その試験体制が厳しい事を知っていたからか、女子生徒の為に何度も何度も電話口でお願いされたそうです。
「試験のルールより、人としてこんなにも素晴らしい行動をしてくれた人間性を認めてあげて下さい」
「人生ではそういう人としての部分が一番大切なのが、あなたたちもわかっているでしょう?」と、電話に出た先生を説教してくれたそうです。

その後彼女は無事に期末考査を受けることが出来、優秀な成績を残す事が出来ました。

人のすばらしさというものは目では見えずらく、数字に置き替えて見える部分で評価してしまいがちになります。
しかし、人間としての大切な部分は決して表面上のものではありません。
そのことを、このおばあさんは教えてくれています。

今後もこの女子生徒とおばあさんに幸せが訪れますように!

出典元:cadot