生まれた娘が早老症で耐え切れず、家族を捨てた父親→それから21年…奇跡が家族に訪れる!!

19,056 views

スリムな体に長い髪、短いスカート。そんな普通の後ろ姿をしたロシア人女性が振り向くと、多くの人が驚きを隠せないようです。

カティアさんは21年前に生まれました。その彼女を見て母親はあることに気づきます。生まれたばかりの赤ん坊の顔に皺ができていたのを、しかもその皺は消えるどころか、段々と深くなっていき、数時間でアカティアさんの顔は老人のようになってしまったのです。

医師からはプロジェリア症候群(早老症)と診断されました。そのうえ、1年以上生きていられるかもわからないという厳しい現実も突きつけられました。この厳しい現実に夫は耐えられず、若い妻と娘を残して家を出てしまいます。父は「こんな娘、僕は耐えられない」という痛烈な言葉を残しました。

カティアさんの母親は、毎日が最後の日であるかのように、残された時間を大切にして深い愛情を注ぎました。
しかし、アカティアさんは予想を裏切り順調に成長しました。その後わかったのですが、彼女は顔の一部と皮膚のみが早老症の影響を受けているだけで、内臓や筋肉、骨などは健康でした。

しかし、顔は老人、体は幼い子供という特殊な風貌はいじめの対象になり「おばあちゃんが何故、ミニスカートを履くの?」
「子供のふりをしてるの?」というような中傷は日常茶飯事だった、とカティアさんは幼い頃を振り返ります。

彼女は学校に通うになって、自分と他の子の違いに気づき始めます。

「学校で私は初めて、自分が他の子と違うことがわかった。振り向くたびに誰かが私のことを怖がっていた。
こんな仕打ちを受けるはど、私が一体何をしたの?ってよく考えたわ。
でも私は容姿じゃなくて、知識、愛嬌、優しさで、この人たちに勝つことができればいいと思えるようになっていった。
人にとって最も大切なのは魂だと信じていたから」

カティアさんは自分を変えるように努力していきます。その姿を見て周囲の人たちにも変化が出てきます、

カティアさんは自分を変えるべく努力を始めます。すると、彼女の頑張りに段々と周囲も引き込まれて、彼女はいつの間にかクラスの人気者になっていました。彼女は自身を「私のような人は世界に20人しかいない、それは特別なこと!」と自分の病気をポジティブに受け止めるようになりました。

彼女の明るく生きる姿勢は友人を惹きつけましたが、それだけではなく生涯の伴侶も与えてくれました。

写真は夫のデニスさん。2人はなんと「間違い電話」がきっけで交際することになりました。
そんな運命的な出会いを果たした2人はめでたく結婚。カティアさん、本当に幸せそうな笑顔を浮かべています。

2人にはまだ幸せが続きます。結婚直後にカティアさんが妊娠、病気が懸念されたのですが、2人の強い意志で9ヵ月後には息子が誕生しました。

カティアさんはどんな逆境にも負けず、自分らしく明るく生きる姿勢を貫いてきました。
彼女の生き方を見ていると、自分次第で周囲の環境などいくらでも変えられることを、強く感じさせられます。
「誰でも幸せになる権利はある」ことをカティナさんの人生が実証しています。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑