動物を飼っている人にとって、彼らは家族同然の存在。寝食を共にし、常にたっぷりの愛情を注いでいるもの、大抵の人はそう思っていることと思います。

この写真の男性もその一人です。

彼はホッブズ君という1匹の猫を飼っていました。

その猫のことが原因かはわかりませんが、彼は付き合っていた彼女と別れてしまったそうです。

しかし、相手を好きな思いは別れてからも尚変わらず、さらにその思いは元彼女も同じだったようで、別れた後に彼に電話をしてきて、ある条件を提示してきました。

“「あなたが飼い猫を捨てるなら、よりを戻すわ」”

元彼女はホッブズ君がいたことが2人の別れる原因になったと考え、ホッブズ君がいなくなれば2人の仲は元に戻る考えたのでしょう。
そのためこのようなとんでもない条件を彼に提示してきたと想像できます。

こんな思いもよらない条件に、彼はある決断を下しました。

彼が元彼女に返した言葉がコチラ。

“「そうか。なら、君とはサヨナラだ」”

彼は元彼女の条件に対してこう言い放ったのです!

彼は現在33歳です。そろそろ将来のことも考える時期で、彼女へも将来を見据えたお付き合いをと考えていたのかもしれません。

そんな彼女と別れるのは辛いことかもしれませんが、大切な家族であるホッブズ君を手放すなんてことは考えられなかったのです。

男性はこの決断に関して、次のように語っています。

“「僕はホッブズを愛している。これから先何があろうと、彼を手放すつもりはない。以前は「彼女に戻って来て欲しい」と思っていたけど、今はまったく未練がなくなったよ。」”

家族ともいえる愛猫のホッブズ君を捨てることを条件にしてくる彼女に、自分の気持ちにけじめがついたのではないでしょうか。

こんな、「家族」を守るために彼女と別れる事を決断した心優しい彼、こんな彼だからこそ、いつの日かホッブズ君のことも家族としてしっかり受け入れてくれる、そんな素敵な女性が現れる事でしょう!

出典元:cadot