ロンドンで開催されているテニス4大大会の1つ「ウィンブルドン選手権」。世界ランキング2位のラファエル・ナダル選手は今大会第4シードされており第4試合に登場しました。対戦相手は世界ランキング26位のジレ・ミュラー選手、試合はフルセットの末、ナダル選手が惜敗しました。

ベスト8入りを逃し、ナダル選手は勿論、ファンにも悔しい結果に終わりました。しかし、試合終了後にナダル選手がとった行動に、すべてのテニスファンから賞賛の声が寄せられています。

ナダル選手は2セットを連取され、その後巻き返して2セットを取り返しますが、最終セットを落として敗退しました。

悔しさもさることながら、4時間半に及ぶ熱戦でナダル選手が心身ともに疲労していたことは間違いありません。そんな中、ナダル選手はこんな行為を見せてくれます。

対戦相手のミュラー選手が退出の準備が出来ていないことに気づき、整理が終わるまでの20秒間、ナダル選手は直立のままコートに立っていました。ウィンブルドンでは対戦相手を称えて、選手はいっしょにコートから去る慣習があります。

ナダル選手は負けて気落ちしているにも関わらず、そのマナーを守ったのです。会場の客は総立ちで賞賛の拍手を送りました。さらに、コートを去る際、観客の声援に手を振って応え、スタンドの子供たちにサインまでしました。

試合の内容だけではなく、試合後のスポーツマンの鑑とも言える行為は会場にいなくても絶賛ものです。
しかし、一流選手になるとこうした行為は当然になってくるようです。

ロジャー・フェデラー選手も昨年、同じように賞賛されました。

大会の公式Twitterでは、ナダル選手の今回の行動に関して以下のように説明しました。

敗北の中にも品格。巨大な激闘の後にも、ラファエル・ナダルは対戦相手のジレ・ミュラーとともにコートを去るために待った。

@Wimbledon ーより引用(和訳)

昨年の同大会準決勝で、世界ランキング4位のロジャー・フェデラー選手がミロシュ・ラオニッチ選手に敗れた際にも、今回と同じように勝者を待って会場を去っています。紳士のスポーツと言われるテニス、ナダル選手やフェデラー選手などのトップクラスの選手になると、マナーやメンタルも非常に優れていることがわかります。

ナダル選手のスポーツマンシップに賞賛の声が寄せられています。
・激闘の末にこの態度はすばらしい。
・悔しいし、疲れているだろうに気遣いがすばらしい。
・テニスの実力はもちろんだが、メンタルがすごい。
・世界中にファンがいて当然。
・これこそが一流選手の条件。

怪我が多く、思ったように活躍ができない時期があって復活を遂げたナダル選手。テニスが存分に楽しめているからこそ、こうした立ち振る舞いができるのでしょう。競技を問わずナダル選手のような振る舞いが出来る選手こそが、トップ選手といえるのでしょう。

出典元:twitter