「Yes! 高須クリニック」のフレーズでお馴染みの高須クリニック院長の高須克弥さんは、御年72歳でTwitterを使いこなし、多くのツイッター仲間に「かっちゃん」「高須院長」と呼ばれ、親しまれ好かれています。

高須院長は7月14日自身のTwitterを更新しました。その投稿された写真には驚くべきものが写っていました。

高須院長が授与されたのは、公益のために私財を寄付した人に授与される紺綬褒章でした。
内閣府公表による2017年現在の紺綬褒章授与の基準は以下の通りです。

公益のために私財(500万円以上)を寄附した者を対象とする紺綬褒章は、表彰されるべき事績の生じた都度、各府省等の推薦に基づき審査をし、授与を行っています。

国、地方公共団体又は公益団体(公益を目的とし、法人格を有し、公益の増進に著しく寄与する事業を行う団体であって、当該団体に関係の深い府省等の申請に基づき賞勲局が認定した団体)に対する寄附が授与の対象となります。

内閣府 ーより引用

高須院長は、国や公共団体などに500万円以上の私財を寄付していたことが分かります。また、
高須院長は長年にわたって社会貢献活動を行ってきました。

「社会貢献するためには、いかに生きるべきか」そんな思いから高須院長は2011年に『高須克弥記念財団』を設立しました。そして私財を基金として『国境なき医師団』や『日本赤十字』などおおくの団体に寄付を行う他、さまざまな社会貢献活動を行っています。

震災時の寄付活動も行っており、2016年の鳥取県中部地震では「被災地支援高須奨学金に1億円入れてあります」と迅速に対応していました。

1995年の阪神淡路大震災が起きた際「震災で負った身体の傷が残らないように処置したい」との思いから、負傷者の治療を無料で1年間行っていたのは有名な話です。

Twitterでは紺綬褒章を祝福する多くの人からコメントが寄せられています。
・医療だけではなく寄付でも社会貢献するなんて、素敵です!
・私財を世の為、人の為に使う高須院長の姿はお金持ちの正しい姿だと思います。
・熊本地震、東日本大地震の際も復興支援されていました。頭が下がります。
・高須院長に対する紺綬褒章は貢献に相応しいものだと思います。おめでとうございます。

自身の医療行為だけではなく私財を使っての社会貢献、いままでの功績を考えると今回の紺綬褒章受章は当然のことかも知れません、多くの人が高須院長の行動で救われてきたことだと思います。ありがとうございました。

出典元:twitter