2017年7月16日放送の「しくじり先生」(テレビ朝日系)にお笑い芸人のレイザーラモンHGさんと、妻の住谷杏奈さんが夫婦で出演しました。この日、2人はあることが原因で夫婦関係が崩壊してしまったことを明かします。

HGさんは2005年に芸人としてブレイク、プロレスラーとしても活躍しました。ピーク時の2006年には月収が1200万円にもなりました。一方、当時グラビアアイドルとして活動していた妻の杏奈さんの月収は15万ほどでした。杏奈さんはHGさんとの結婚でセレブ妻に転身しました。セレブな生活はHGさんが稼いでいるためということもあり、亭主関白な夫婦関係でした。しかし、その後HGさんの月収はダウン。3年後には7000円にまでなってしまいます。

逆に杏奈さんはコスメやファッションのプロデュースが当たって、月収15万円が年収1億円になりました。
こうして夫婦の収入が逆転してしまったことから、生活の主導権は杏奈さんが握るようになりました。
この収入の逆転が夫婦関係の悪化を招いてしまいます。

テレビなどの仕事が減って営業がメインになってきたHGさんに、杏奈さんは上から目線で「芸人を辞める」ことを促したりしました。HGさんのプライドは大きく傷つきました。
さらに杏奈さんはHGさんに相談なしで6000万円かけてピザ店をオープンしたり、自分だけでビジネスを進めますが、ピザ店は大赤字の末に閉店。億単位の貯金は0となってしまいます。

HGさんとの関係も悪化しているときに、自身の生活の頼みの綱となっていた収入がなくなり、杏奈さんはどん底に落ちました。そんな杏奈さんに救いの手を差し伸べたのはHGさんでした。

杏奈さんはプライドが邪魔をして、ビジネスの失敗をHGさんに伝えられなかったそうです。
その話をHGさんにしたとき、彼は「大丈夫、俺のお金使って!」と言葉をかけてくれました。

杏奈さんが失敗したのと同じ時期、HGさんは段々と復調してTVの仕事も増えてきていました。
全盛期に及ばないまでも、徐々に収入も増えていました。かつては上から目線で意見した杏奈さんに対し、優しい言葉をかけてやれるHGさん、本当に器の大きな人です。

杏奈さんはこの経験から、夫婦関係を崩壊させないための教訓を得ました。
「稼ぐ金額で夫婦関係の優劣を決めてはいけない。お互いの努力を尊重しよう」。

これ以降、夫婦関係は修復されたそうです。また、HGさんは「お互いに初めて感謝し合えた時に思ったこと」として“お互いいいときも悪いときもある。夫婦で補い合って生きていこう”と語っています。

安定した生活が保障されているわけではない「芸人」という職業を今後も続けていくHGさん。
また困難が訪れるかもしれません、しかし、より強固になった夫婦の絆で乗り越えて行くことができるでしょう。

出典元:shikujiri