2010年、突然「頭がパッカーンてなった」という状況に陥り、約5カ月間の教養を強いられていたナインティナインの岡村隆史さん。現在では完全に回復し、順調に仕事をこなしています。
そんな岡村さんが芸能界引退まで考えていたという休養期間中を支え続けてくれたある親友との再会を報告し、話題となっています。

岡村さんの休養期間中を献身的に支えていた唯一の人物と言うのが、こちら、女優の酒井若菜さんです。

“私の大切な宝物
ナイナイ岡村隆史さんと久しぶりに“

ふたりは2002年に公開された映画「無問題2」での共演をきっかけに親しくなり、もう15年以上の付き合いとのこと。
先日、プライベートでは実に6年ぶりに再会することが叶ったのだそうです。

休養中は淡路島にある親戚のもとに身を寄せて外部との連絡は一切取らなかったそうです。そんな岡村さんの元に、ある日1通の差出人不明のメールが届きます。それまでは、誰とも連絡を取ってこなかったのに、なぜだか、そのメールには「これに賭けてみよう」と思って返信したそうです。そのメールの差出人が酒井さんだったのです。

自身も芸能活動の休止や膠原病を経験している酒井さん、医師とは違った観点から様々な言葉やアドバイスをかけ続けたそうです。

岡村さんとの再会を報告したブログの中で酒井さんは、回復を遂げた岡村さんの様子を喜ぶとともに親友として添い遂げる覚悟を明かしました。




岡村さんと酒井さんは“親友”という言葉では足りないほどの深い絆で結ばれているように見えます。
そんなおふたりの関係が感じられる酒井さんのブログをご覧ください。

“優しさが年々、いや、日に日に増していく、いや、日
に日に本来の姿に戻っていく岡村さんの姿を見られる
ことが本当に嬉しくてたまりません
仮に世界中が岡村さんの敵になったとしても、私は一生
岡村さんの味方でいます
これからも、岡村さんになにかあったら必ず救うし、
救いきれなかったらせめて抱えて一緒に倒れます
共倒れ上等

まぁ、世界中が敵になることも、共倒れに至るような
事態になることも、そもそもないと思うけれど…
二度とひとりぼっちで奈落の底を彷徨うことはさせ
ません
絶対に
岡村さんには、幸せになってほしい
だって、私の宝物なんだもの

生きているだけで、いいんです
まして岡村さんの笑っている姿を見られるなんて、
幸せです
岡村さんが生きていて笑う、私も生きていて笑う岡村
さんの姿を見られる
それだけでいいと、思えるんです

いったいどうしたら、ここまで相手のことを思いやれる関係になれるのでしょうか。
心を通わせた男女の友情が現実になったとき、ここまで美しい愛が満ち溢れるものなんですね。
素晴らしい友情に心洗われる思いです。

出典元:spotlight-media