カリフォルニアで20年以上もクジラの生態調査に関わってきたマイケルさん。
この日も家族で、海へ出てみるとそこにいたのは身動きがとれなくなった瀕死のザトウクジラ。
マイケルさんはシュノーケルをつけて、クジラを刺激しないようにそっと近づいてみます。
クジラは、漁師の仕掛けた網に絡まってしまって動けなくなっていました。
このままでは、死んでしまうに違いありません!
そこで、マイケルさん家族は、ボートをクジラのそばに寄せていき、みんなで網を切りなんとか救出を試みます。
ザトウクジラも何をされるのかも判らないので、少し興奮気味に見えました。
ボートをひっくり返される心配をよそに、家族は必死で網を切り取り外すことに成功します。

九死に一生を得たクジラは、少しボートから泳ぎ離れると……
驚くほど、何度も大きなジャンプ!!を繰り返します。
マイケルさん家族も歓声を上げて見まもります。
クジラのジャンプパフォーマンスは、「ブリーチング」と呼ばれ諸説有りますが、「水しぶきの音を利用したコミュニケーション」といった説があります。
また、最後に何度も水面から尾ひれを出して見せているのも「自分の位置を相手に知らせる為」とも考えられているようで、いずれにしても、このザトウクジラは自由になった喜びと、救ってくれたマイケルさん家族に対して、コミュニケーション行動でもって『感謝』の気持ちを伝えたに違いありませんね!!

出典元:cadot