7月15日に放送された音楽番組『音楽の日』(TBS系)に歌手・藤井フミヤさんが出演し、自身のヒット曲「TRUE LOVE」の秘話を番組司会者の中居正広さんに明かしました。

SMAPファンが反応した名曲の秘話とは?

番組で披露する「TRUE LOVE」について、中居さんから「(TRUE LOVE)は最初ドラマ向けに作られたと僕らなんかはそういう風に伺っていたんですけど」名曲誕生についての質問が上がると…
藤井さんは「チェッカーズ解散して、最初の一曲目だったんで。やっぱりチェッカーズファンが崩壊したというか。やっぱりそこに向けては歌わなきゃなって気持ちはあったんで」と当時のファンに対する心境を語りました。

名曲誕生の裏側について藤井さんはドラマのストーリーだけでなく裏メッセージとしてファンの子や応援してくれる方への思いも込めていることを明かし、「僕ら終わったわけじゃなくて、まだまだ未来があるんだよっていう歌詞になってますね」とコメントしました。




同曲は1993年に放送されたドラマ「あすなろ白書」の主題歌で、木村拓哉さんがブレイクするきっかけとなった作品でもあります。

この藤井さんと中居さんのやりとりを見たSMAPファンは、
「TRUE LOVEのとき中居くんは何を思ってたのかなあ。」
「裏話と中居君に話してくれたフミヤさんありがとう」
「きっとSMAPメンバーもこんな気持ちなのかな?とか照らし合わせてしまう。」
「いろいろ重なりすぎて号泣。」など、名曲誕生とSMAPの解散と重ね合わせているファンが多く見られました。

惜しまれつつも昨年末解散したSMAP。不仲説、事務所残留・退所をめぐっていまだ憶測が飛び交うなど今後の5人の活動については定かではない部分も多いですが、藤井さんの語った「僕ら終わったわけじゃなくて、まだまだ未来があるんだよ」という言葉通りそれぞれの道に進む元SMAPメンバー5人のこれからに期待したいものですね!

出典元:e-talentbank