先月23日、最愛の妻・小林麻央さん(享年34)を亡くし、悲しみに暮れながらも、息子・勧玄くん(4)と共に日々舞台に立つ歌舞伎俳優・市川海老蔵さん(39)。
そんな彼が、24日更新のブログ「舞台が終わると」と題した記事で冒頭「麻央を思うことが多いです」と語り、机の中からたまたま『麻央さんからの手紙』を見つけ麻央さんへの想いを募らせていることを綴っています。

“麻央からの手紙、
いつもいつも私の事を
宇宙一愛してる
と言ってくれてたんです。

ずっと宇宙一愛してると、

涙“

手紙の詳細な内容は公表されていませんが、「海老蔵さんを思う麻央さんの優しい言葉」がそこに詰まっていたことでしょう…

※ブログ読者も共感の涙!!

“・宇宙一愛してる、と言える事がどんなにすばらしい事か。電車乗ってますが号泣してしまいました

・麻央さんは生死を超えた存在で、姿を変えて、海老蔵さんの傍にいらっしゃる。そう思います。それは夏の日差しであったり、急に降り出した雨だったり、美しい夕暮れだったり。いつもいつも海老蔵さんの近くにいらっしゃいますよ

・世界一じゃなくて、宇宙一なんですね。きっと麻央さん、宇宙の何処からでも、海老蔵さんたちを見守ってるんでしょうね。素晴らしい愛ですね“

海老蔵さんとともに麻央さんへの想いを募らせた読者から、多くのコメントが寄せられていました。

海老蔵さんはブログで、昼となく夜となく空の様子をアップしている事が多いのもうなずけますね。

きっと、今日も空を見上げて「麻央さん」を想っているのでしょう(涙)

出典元:sirabee