新しく生まれた赤ちゃんと、先住犬であるゴールデン・レトリバーとの信頼関係を描いた心温まるストーリーや、ポニーと調教師の愛溢れる話など、感動的なCMでお馴染みのAmazonプライムが8月6日、新しいCMを公開しました。これには「泣けて困る」「Amazonは凄いわ、連続感動」とSNS上で話題となっています。

1分弱の短いCM、台詞もありません。しかし、見た人はみな涙腺が崩壊しています。
それはバイクに腰かける男性の姿から始まります。

母親からのメールには「近くまで行くのなら、おばあちゃんのところに寄ってあげて。」と近くのおばあちゃんの様子を見てきてくれるように依頼がありました。
男性はバイクを走らせおばあちゃんの元に向かいます、すると笑顔で迎えてくれるおばあちゃん。

久しぶりの再会に嬉しそうなおばあちゃん、おばあちゃんの家の中を懐かしく見回す男性、仏壇におじいちゃんの遺影を見つけます。台所には洗った1組だけの茶碗、男性はなんとも言えない表情になります。そんな時に目に入ったのがおばあちゃんの若い頃の写真。

亡きおじいちゃんの隣で幸せそうに笑うおばあちゃん『今は、とても寂しそう…』男性はスマホを取り出し、とあるものを注文します。

どうでしたか泣けたでしょう、こんな短い話なのに映画1本分の感動があります。
後半ではAmazonから届いた荷物にヘルメットが入っていて、おばあちゃんは男性と、昔と同じそのヘルメットでバイクのタンデムを楽しみます。

本当に1分なのかと言いたくなる時間の見せ方です。これを見て涙腺が崩壊しない人はいないのではないでしょうか、ネットではCMへの共感コメントが飛び交っています。

CMの終盤、おばあちゃんが男性の背中に顔を寄せながら笑うシーンを見た時に、ほとんどの人は泣いてしまうのではないでしょうか、みんなが誰かの幸せを祈っているということでしょう。

出典元:spotlight-media