2017年8月20日のこと。北海道の新千歳空港発の飛行機にトラブルが発生した際に、機内の空気を一変させる出来事が突然に起きました。
機内放送を通して流れてきたありえない声とは一体どんなものだったのでしょう?

飛行機トラブルなどで出発が遅れるということはよくある事ですが、この時は1時間も遅れるという事態が起きていて、搭乗したまま機内でじっと待ちつづけていた乗客たちは、相当なストレスを感じていたといいます。
そんな中、機内の空気を一変させる出来事が突然に起きました。
機内放送を通して流れてきた声が思いがけないものだったのです!

機内放送といえば通常であれば、客室乗務員からのアナウンスが聞こえてくるはずですが、なぜか松山千春さんの『大空と大地の中で』が流れてきました。
なんとその便には、歌手の松山千春さんが偶然乗り合わせていたそうで、松山さんは、機内放送を利用して自身の代表曲『大空と大地の中で』の1フレーズを突然披露しはじめたのです!
そして歌い終えた松山さんはひとことこう言ったそう。
「皆さんのご旅行が、また、これからの人生が素晴らしいことをお祈りします。もう少し、お待ちください」
さっきまでイライラの空気が漂っていた機内の様子は、一変し、大きな拍手がわき上がりました。

“機内で1時間近く待たされてましたが、一気にそんなことを忘れました”

“新千歳空港発の出発時間が1時間ほど遅れているんだけど、何と機内に松山千春さんがいらっしゃり、1フレーズ歌っていただいた!サプライズ*\(^o^)/*”

この様子は、ツイッターに投稿され、多くの人から「感動した!」「素晴らしい」との声があがりました。

松山さん自身も待たされている側の乗客の1人であり、時間が遅れて困っていたにも関わらず、他の乗客や乗務員の方々のことを思っての行動、とても素晴らしいですね!

出典元:twitter