同じ趣味をもつ仲間がいることで、人生の楽しさや喜びが大きくなる場面は少なくありません。

ときには全くの見ず知らずという間柄であっても、同じものが好きという一点で思いがけないつながりが生まれることもあります。

バイクツーリングを楽しむ遼さん(@yzf_r25hh)がTwitterに投稿した出来事も、まさにそんなエピソードの一つと言えるでしょう。

それは遼さんが新人ライダーの仲間と走りに出かけたある日のこと。
ちょうどバイクを停めていたとき、生憎の雨が降り出してしまいました。

それで仲間のライダーが愛車のところに戻ってみると、思いがけない光景が…
いったい何があったというのでしょうか?

目にしたものは見知らぬライダーの心憎い優しさでした…




なんとヘルメットが濡れないようビニール袋を被せておいてくれたのです!
そればかりかシートを拭くタオルまで置いていってくれる気遣い!!

さりげないメッセージもカッコイイですよね。

乗り始めたばかりでこんな経験ができたのなら、バイクやライダー仲間のことがますます好きになれること間違いなしでしょう。
エピソードを聞いただけでも何だかちょっと温かい気持ちになれます。

近頃はよく「人間関係が希薄になった」なんてことを耳にしますが、そうとばかりは限りません。
同じものをこよなく愛する気持ちはあらゆるものを飛び越え、人と人を結びつけてくれる絆だといえるでしょう。

出典元:spotlight-media