航空会社の対応の悪さが問題になることがしばしばあります。しかし、多くの乗務員は乗客のために頑張っているのです。この夏、クレームを受けたサウスウェスト航空のある乗務員の行動が素晴らしいと多くの賞賛を集めています。

この日、乗客のステーシー・ハートさんは航空会社のトラブルで当初予定の乗り継ぎ便を直行便に変更してナッシュビルからピッツバーグに向かいました。しかし、航空会社のミスでステーシーさんの鞄は乗り継ぎ便に乗せられたまま運ばれてしまいます。

その鞄には抗がん剤治療の副作用を抑える薬が入っていたのです。気がついたステイシーさんは慌てて航空会社に連絡し、自分が癌患者であり明日から始まる抗がん剤治療のために翌朝までに薬が必要な事を必死で説明しました。

ステーシーさんは軽いパニック状態に陥っていました。
というのも、鞄には薬以外にも大事なものが入っていたからです。

ステーシーさんの電話を聞いた乗務員のサラさんは、事情を聴いて鞄を届けることを約束しますが、飛行機が着いたのは午前1時30分をまわっていました。

鞄に入っていた薬より大事なものとは、また深夜に届いた鞄をサラさんはどうしたのか?

ステーシーさんには過酷な治療を続ける上で、心の支えとなっているラッキーアイテムのロザリオがあったのですが、これも薬と一緒に鞄に入っていたのです。

「薬は病院で替わりのものを処方してもらうこともできます。けれど、3年前にがんと
診断されて以来、51回の苦しい化学療法を続けてきている私にとって、ラッキーアイテムは
他には代えがたい重要な意味を持っているのです」




航空会社の配送システムでは翌朝に間に合わないことがわかったサラさんは、自分の車にステーシーさんの鞄を積み込み、20マイル以上離れたステーシーさんの家まで車を走らせました。

到着したのは夜中の3時過ぎ、サラは玄関のポーチに鞄を置くと1枚のメモを付けて立ち去りました。翌朝、鞄とメモを見つけたステーシーは、
そのメッセージに溢れる涙が止まりませんでした。

「ステーシー 荷物が届くのが遅くなってしまって本当にごめんなさい!
私とサウスウエスト・ファミリーは、あなたの幸運を祈っています。
ガンなんかやっつけちゃって!心をこめて サラより」

このエピソードは「素晴らしい顧客サービス」というコメントと共にステーシーさんのFacebookに投稿されました。この投稿は世界中でシェアされ、大きな感動を呼びました。遂にはABCテレビでも取り上げられ、サラさんとステーシーさんは感動の対面を果たします。

闘病中で不安なステーシーさんのために深夜、車を飛ばして鞄を運んだサラさん。
大切なものを航空会社のミスで手元から奪われ不安でいっぱいだったのに、ミスを責めることなく丁寧に状況を説明したステ―シーさん。ふたりの互いに思いやる気持ちが、世界中の人の心に大きな感動を与えてくれました。

出典元:spotlight-media