2017年6月22日に元フリーアナウンサー・キャスターの小林麻央さんがこの世を去り、姉の小林麻耶さんは、悲しんでいました。

9月5日のブログでは、妹の納骨を終えたことを報告し、さらに翌日には、ファンからのコメントに感謝の気持ちが書かれていて「1度きりの人生なのでなりたい自分になる」と前向きな言葉が書かれていました。

また、9月16日のブログでは、さらに明るい投稿があったのです。その内容とは、タクシーの運転手からかけられた言葉に「ときめいた」ということだったのです。

明るい投稿をしている小林麻耶さん。一体どんな言葉にときめいたのでしょうか。

小林麻耶さんのブログではタクシーに乗ったときのエピソードが書かれていました。
その時に彼女にかけた言葉があります。

それは、「ひとをしあわせにしたいならね、まずは自分が幸せになるんだよ」 「自分をたくさん 褒めるんだよ」という言葉です。

タクシーの運転手は、小林麻耶さんが乗っていたこと知っていたのかはかわかりません。

自分のことよりも大切な妹のために力を尽くしてきた小林麻耶さん。人を思う気持ちが強いので運転手の言葉が響いたのかもしれません。

さらに運転手はこのように語っています。

「俺はね、76歳で、初めてその生き方を知った。今までは、人のため人のためと思って
自分は二の次だったけれど、人を幸せにしたいなら、まずは自分からなんだと。

76年生きてきて初めて知ったんだよ。そんな生き方があることを!

だから、今、考え方を変えて、今、生き方を、変えてるんだ。」

76歳になっても、「いま生き方を変える」事ができるということは、それは、若者にとって心強いですよね。それを聞いた麻耶さんは運転手から「キラキラとしたオーラ」が見えたそうです。

また、小林麻耶さんは、「自分の世界を作り始めた人の輝きは、すごい!人生、いつでも、どこからでも、どんな時も、変えられますね」と書かれていました。

それに対して「素敵な言葉のおすそ分けをありがとうございます」「そのとおりですね、まずじぶんがしあわせにならないと!」とたくさんコメントあったのです。

なりたい自分への歩みを始めた彼女の背中を押しているような温かい言葉ですね。

出典元:ameblo