歌手や女優にモデル、デザイナーと多方面にわたり活躍中のセレーナ。彼女はアメリカの若者からは、絶大な人気を誇ります。

しかし、セレーナは体調を崩し昨秋から活動を休止しています。2015年に、自己免疫疾患の一つであり難病のエリテマトーデスを患っていることを告白しました。その治療の副作用で、パニック発作を起こしたりと体調が優れないセレーナ。

日本時間の14日、セレーナはインスタを更新して腎臓移植を受けたことを発表しました。病気のせいで、腎臓にまでダメージを受けたのです。

腎臓移植により命が助かったセレーナですが、彼女に腎臓を提供したのは意外な人物でした。

腎臓移植となると、ドナーは家族か臓器バンクが考えられるでしょう。しかし、セレーナに臓器を提供したのは女優のフランシア・ライサでした。セレーナと親友のフランシアは、彼女を救う為にドナーになったのです。

I’m very aware some of my fans had noticed I was laying low for part of the summer and questioning why I wasn’t promoting my new music, which I was extremely proud of. So I found out I needed to get a kidney transplant due to my Lupus and was recovering. It was what I needed to do for my overall health. I honestly look forward to sharing with you, soon my journey through these past several months as I have always wanted to do with you. Until then I want to publicly thank my family and incredible team of doctors for everything they have done for me prior to and post-surgery. And finally, there aren’t words to describe how I can possibly thank my beautiful friend Francia Raisa. She gave me the ultimate gift and sacrifice by donating her kidney to me. I am incredibly blessed. I love you so much sis. Lupus continues to be very misunderstood but progress is being made. For more information regarding Lupus please go to the Lupus Research Alliance website: www.lupusresearch.org/ -by grace through faith

A post shared by Selena Gomez (@selenagomez) on

固く手を握り合い、笑みを交わす2人。親友の為だとはいえ、腎臓移植に踏み切ったフランシアにはただただ驚くばかりです。

セレーナはインスタで、フランシアに対して感謝の気持ちを「言葉では表しきれない」としつつも「信じられないくらい幸せ者」「あなたのことを本当に愛している」と記しています。2人の絆の深さは、友情という言葉だけでは足りないでしょう。

セレーナは世界中で慈善活動をし、「世界を変える46人の女性」の1人にも選ばれています。彼女の持つ発信力に世界が注目しているのです。

病気が完治するのはいつになるのか分かりませんが、親友の為にも早く元気になってくれることを願います。

出典元:spotlight-media