子供のために生命を賭して行動した感動的な父親の姿を描いたショートムービーをご紹介します。オーストラリアのシドニーで毎年開催される、世界最大のショート・フィルム・フェスティバル「トロップフェスト」。その大会で2013年に最終選考作に残った「CARGO」という作品を今回はご紹介したいと思います。まったく台詞がないのに感動してしまう「ゾンビ」映画です。

「CARGO」の内容。もしも生まれたばかりの赤ちゃんを残して自分がゾンビになってしまうとしたらどうしますか?交通事故の直後、目を覚ますとゾンビと化した妻が隣の席に、そして主人公は妻に腕を噛まれており、ゾンビウィルスに感染してしまったことを悟ります。
そんな絶望的な状況の中で父親が取った思いがけない行動とは。

このショートムービーを見た人からは多くのコメントが寄せらています。

「泣いてしまった」
「これ、すごい!良いゾンビ映画」
「たった7分とは思えない。見終わって涙・涙~」
「おとうさんが最高!人間万歳」

など、映像を見た人からは共感のコメントが寄せられています。

タイトルが「CARGO(ベビーカー)」である理由、父親が自分の手首を縛っている理由、落ちている肉を拾った理由。それらの行動の意味を理解した瞬間、父親の赤ん坊に対する愛情の深さを感じました。
豪華な俳優陣を起用するわけでもなく、莫大な製作費をかけたわけでもない、このたった7分のショートムービーは、多くの人々の心を揺らし続けています。どんなに時間かけても得ることのできない大きな感動を与えてくれる「7分」に感謝です。

出典元:feely