カサ子さんが自身のTwitterに投稿した、学生時代にあった『修学旅行の思い出』。
その内容に多くの人が癒されました。

修学旅行の夜は、なんだかテンションが上がってしまいますね。投稿したカサ子さんの部屋のメンバーも例外ではなく、みんなで盛り上がっていたのだそうです。そんな中、ある種定番といえる『ある提案』がなされました。
「ねえねえ、枕投げしようよ!」

楽しい提案に、部屋中は大盛り上がり。早速、枕投げの準備にかかろうとしました。
しかし、ひとりの子が申し訳なさそうにこう言ったのです。
「ぜんそくの発作が出そうだから、出ておくねみんな楽しんで」

気管支喘息は気管支に慢性の炎症が起きているので、少しの刺激でも呼吸困難を引き起こす可能性があったのです。アレルゲンは人によって異なりますが、枕投げで生じるホコリで発作を起こすことは十分に考えられたのです。

枕投げの提案に悪意があったわけではありません、喘息に影響することになると思っていなかったのです。部屋を出て行こうとする喘息持ちの子に周囲の子は思いやりの言葉をかけます。




友人をのけ者にしたくない。そう思ったカサ子さんたちは急遽ババ抜きに変更!
枕投げのような賑やかな盛り上がりはなかったものの、白熱の心理戦が展開しました。
これはこれで、とても楽しかったですよね。

思いやりあるエピソードに「優しい」「感動した」と共感の声が寄せられました。
喘息持ちの人からは「枕投げが原因で喘息の発作を起こした経験がある。配慮が素晴らしい!」
といった声も上がっています。

相手のことを思いやり行動する、そうした人が増えていくと住みやすい世界になっていくでしょうね。

出典元:twitter