幼稚園の入学金や養育費、積立金など、ざっと計算して100万円以上が必要なことを知った父親は、愛する娘のために、思い出の詰まった貴重なコレクションを手放します。
これがネット上で共感を呼び
「感動した、よくやった!」
「それでこそ親、尊敬。」
などのコメントが寄せられ話題となっています。

連載当初から小学生を中心に人気を集め、日本だけではなく世界各国で発売され、多くの人々を魅了してきた「遊戯王カード」。
現在でも様々な国際大会が開催され、その人気は衰えを知りません。
このカードゲームはネットでもたびたび話題となっています。

そんな数ある遊戯王カードの中でも、超レアなカードを娘の為に放出したのは、Twitterユーザー・戦士使い雅さんです。

ちなみにこのカード、初代遊戯王で海馬瀬人が愛用していた「青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイトドラゴン)」でして、1999年に開催された「ジャンプフェスタ」でしか手に入れる事が出来なかったという貴重なカードです。
素人にはよくわかりませんが、超レアなカードなのです。

そのお宝のカードを娘の為に手放す戦士使い雅さん、ツイッターで買い手を募ったところ、すぐに興味を持ったコレクーが現れたようです。




そして、Twitterを通じて、遊戯王カードファンに呼びかけた結果…

ちなみに、成約金額は伏せられていましたが、おそらくですが120万円近い金額で売ることができたようです。

デュエリストが「シクブル」を手放すことは、辛い決断です。
Twitterには、この素晴らしい決断を賞賛するコメントが多数寄せられました。
・最大限に尊敬します。
・私には、同じことはできません。
・本当に素晴らしい、グッジョッブ!
・お父さんカッコよすぎ。
・家族思いのお父さんが素敵です。
多くのデユエリストが辛い決断をした戦士使い雅さんを賞賛しました。
娘さんが大きくなってこのことを知ったとき、お父さんの価値は跳ね上がることでしょう。
自分の為ではなく、愛する人の為に最強カードを放出したデユエリスト、
きっとその未来は幸福に溢れたものになることでしょう。

出典元:spotlight-media