11月初め、AbemaTVにて放送の『稲垣・草彅・香取3人でインターネットはじめます 72時間ホンネテレビ』の企画で、元SMAPの3人が浜松オートレース場を訪れ、かつてのメンバーと21年ぶりの共演を果たしました。96年までSMAPのメンバーで、現在はオートレーサーの森且行さん(43歳)!!!

http://buzz-media.net/wp-content/uploads/2017/11/mor3.jpg

 レース終了後、再会を果たした4人。特に森さんに可愛がられた香取慎吾さんは、感極まって思わず森さんに抱き着きます!!! 森さんは「俺より一回り小さかったのに…でかいなぁ…」とポツリ。香取さんの成長に驚きと感激を隠せませんでした。

 実は香取さんはまだ子供の頃、森さんに、お客さんのいない夜の川口オート場にバイクで連れて行ってもらった事があり、「その時はオートレーサーになるなんて知らされてなかった。森くんが『このオイルの匂い最高だろ』って言ってたけど、俺は『わかんない』って答えたんだ」と、どこか因縁めいた森さんとのレース場での想い出と再会を、感慨深げに語りました。

 その後4人はレース場内の食堂へ。森さんは減量中のため食事を控えていましたが、香取さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんは森さんオススメのカレーラーメンに他人丼、浜松餃子を注文。
 3人は森さんに「俺たちの番組が来るので何か思いや緊張はあった?」と質問しました。すると森さんは笑顔で「全然ないよ。だって会いたいもん。オートレース場まで来てもらって、俺が働いているのを見てくれるのは嬉しいよ!!!」と、3人の訪問に手放しの大喜びでした。

 ファンの間でもおなじみの草彅剛さんのニックネーム「つよぽん」は、実は森さんが名付け親。
「僕の中で森くんはずっと『お兄ちゃん』」と切り出した草彅さんは、
「喧嘩もしたし、一度『地下鉄でバク転してみろよ!!!』とか言われて、ダッフルコート着たままバク転やったんだよ!!!」と、2人に森さんの「無茶ぶり」を訴える場面も…。

 森さんはこれに対し、「あれはいじめじゃないよ(笑)」。でも、「そういうの含めて森くんがすきだったんだよね。人生には裏と表がある事を初めてみせてくれた」と、『つよぽん』はにこやかに振り返りました。




 香取さんや草彅さんとは思い出話が尽きない森さんですが、稲垣吾郎さんとは2人でいる事はあまりなかったようです。香取さんも「森くんと吾郎ちゃんが2人でいる印象はないな~」と回顧。でも同い年で、「中間管理職」的な立場だった森さんとの関係を、稲垣さんは「森くんと僕は何か通じてるんだよね」と話し、森さんも「話さなくても吾郎の事は何かわかるんだよな」と。2人の間に多くの言葉はいらないようです。

 昼食をすませた3人は、森さんと共に宿舎やレース会場の見学へ。森さんからのオートレースの話を一字一句逃さずに聞き入りました。
 そして、バイク整備場では、森さん脱退時の話に…。

 オートレーサーの試験に受かってからSMAPを脱退するまでの心境を
「どうしようどうしよう…って、最後まで悩んだよ。でもやっぱり夢だった。夢を取っちゃったんだよね」と語る森さん。

 あの時香取さんは「俺はいちばん年下ながらに『ふざけんな!!』って思ったよ。グループもこれからだったし、『何でだよ』って。でもその後みんなで話し合った時に、そういう気持ちはなくなった。引き止めるとかじゃないんだな」と、当時の複雑な心境を明かしました。
 この時香取さんには、子供の頃森さんに連れて行ってもらった夜の川口オート場が甦ったのかもしれません。どこか夢の匂いを含ませた『このオイルの匂い最高だろ』という森さんのあの一言と共に…。

 最後に森さんは、草彅さんには手作りのスマホスタンドを、稲垣さんにはピンクのゴルフボールを、香取さんには誕生年である1977年製ウイスキーをプレゼントしました。そして全員で記念撮影。
 再会の喜びを噛みしめながら、「仲間たち」と共に想い出を存分に語り合った4人でした。

出典元:spotlight-media