2015年に放送されると、リアルな出産現場の描写で大反響を得た金曜ドラマ『コウノドリ』TBS系。
2017年10月には新シリーズがスタート、生命誕生後の葛藤、夫婦、親子の在り方まで描く本作に多くの人が心を打たれています。

主人公は綾野剛さんが演じる鴻鳥サクラ。
この主人公のモデルとなったのが『りんくう総合医療センター』で産婦人科部長を勤める、萩田和秀さん。
彼は過去25年で1千件以上にお呼ぶハイリスク出産を手掛けてきたスペシャリストです。

『コウノドリ』のウエブページに質問コーナーが開設されました。
相談に答えるのは鴻鳥さくらではなく、本当の医師である萩田和秀さんです。
新シーズンが始まって以来、多くの質問が寄せられています。

その中に産婦人科医を目指す中1の『茹でたイカ』さんからの質問がありました。

「医者になるのはそう簡単ではないのでいまのうちからできることや、やっておいたほうがいいことはありますか?
また先生はどうして産婦人科医になったんですか?どうしても産婦人科医になりたいんです。よろしくお願いします。」




荻田さんは早くから産婦人科医にこだわって決意を固めている『茹でたイカ』さんに何か感じるところがあったようです。
当初は「きみは偉いなあ」と感じで入ってましたが、予想外のことを話します。

「・・・忠告しとくわ。」で始まったその内容は。

「きみは辛い思いをした分、すごくいいお医者さんになるに違いない。もうそれは間違いない。
でも、お母さんのかたきをを討とうと思っているなら、
医者になるのはやめといた方がええ。きみがしんどくなりすぎるから。」

悲しみをバネに産婦人科を目指そうとしているように見えた『茹でたイカ』さんに荻田さんはストップをかけました。

そして、いまできること、やっておいたほうがいい事に答えます。
それは以下の2点でした。
・たくさん本を読むこと。
・たくさん音楽を聴くこと。
そして、自分の気持ちが“ぐーっと楽”になったら医療の道に進むよう荻田さんはアドバイスをして締めくくります。
荻田さんは、わだかまりを捨てた状態で『茹でたイカ』さんに自分の未来を考えてもらいたかったのです。

そして、最後に
「必ず、進みなさい。まっすぐ、進みなさい。その道のどこかで、きみを待ってるとエールを送っています。」

出典元:kounodori