2016年4月のこと、アメリカ・オハイオ州カヤホガ郡にある「カヤホガ動物保護センター」(Cuyahoga County Animal Shelter)に生後4ヶ月の「スクィッシュ」が運び込まれました。
スクィッシュの姿を見たセンターの従業員たちは、思わず言葉を失います…なんと、顔がグニャッと変形していたのです。顔面への損傷が激しく、歯と歯の間から舌を出すのも困難な状態にも関わらず、救出してくれたセンターのみんなに尻尾を振って、愛らしい素振りを見せるスクィッシュ。

スクィッシュは、なぜ顔が変形してしまったのでしょうか?
顔の変形は、おそらく他の犬に噛まれそのあとが化膿した事が原因と思った獣医たちは、スクィッシュに抗生物質と痛み止めを処方します。しかし、センターに来てからスクィッシュの状態は次第に悪化していきます。処方した薬が、全く効かなかったのです。顔面の変形のため口を開けられず、餌を食べる事ができないため、体重はみるみる落ちていきました。「このままではスクィッシュを苦しませるだけ」と、医師たちは2ヶ月前に救出されたこのわんこを、安楽死させることを決めます。

ですが、医師たちもそれまでにできる限りのことはしたい、と彼を最新医療設備が整った動物病院「グレート・レークス・クリニック」に連れていきます。そして、CTスキャンの結果は恐ろしいものでした…
なんとスクィッシュの顔の怪我は、感染症が原因ではなく、何者かが鈍器で彼の顔を何度も殴打した事が、原因だと判明したのです。

そんな衝撃的な新事実がわかり、スクィッシュがまた自分の力で、エサを食べることができるように、長時間にわたる手術が行われました。しかし、人間が大好きなこのワンコの、里親になってくれる見込みは少なかったのです。手術をしても生きるかどうか分からない、こんな変わった風貌のワンコの手術費用を、里親になって負担してくれる人はいないように思われました。

ダニエル・ボイド医師は、当時グレート・レーク・クリニックで研修生として働いており、スクィッシュを診察室へ運ぶよう命じられます。診察室へ向かう途中、腕の中でスクィッシュは、ダニエルさんのことをその茶色の瞳でジッと見つめたそうです。「数知れない困難を乗り越えてきたこの一眼の犬に一目ぼれしてしまいました。」と、当時を振り返って語るダニエルさん。今まで経験してきたであろう様々な苦難にもめげず、明るく元気なこのワンコに、彼女は驚きを隠せませんでした。そして、この犬に愛情というものを教えてあげたいと思ったのです。




それからダニエルさんは、一晩スクィッシュを家に連れ帰ることにします。動物病院の檻の中で、夜を過ごして欲しくなかったからです。「車の窓から外を眺めて、尻尾を振り続けていたんです。まるで笑っているようでした。」と、その当時を振り返って語ります。スクィッシュは、安心したのか家に着くとすぐ眠りについてしまいました。

ダニエルさんは、その夜全く眠れませんでした。明日、安楽死の手術が行われる予定のスクィッシュが、暖かい腕の中でぐっすりと安心して眠りにつくことができるのは、この夜が最後だという事を知っていたからです。次の日の朝、ダニエルさんの顔には、決意の表情が浮かんでいました。「スクィッシュは安楽死させない。私が飼う。」

ダニエルさんだけでなく、クリニックで獣外科医として働く、同僚のアイリーン・ヘルドマン医師もまたこの愛らしい子犬に心を奪われており、次の日に彼に外科手術を施します。顎の骨を一部切除することによって、自力で食事ができるようになりました。

それから様々な手術が施されました。歯、右目、さらに顎の一部が切除されました。術後、元気を取り戻したスクィッシュは、自由に駆け回るようになりました。テニスボールを追いかけ回したり、キャッチをしたりするのがお気に入りです。でも、やっぱりダニエルさんに、よしよしされるのが一番嬉しいスクィッシュ。

実は、スクィッシュが保護センターに運び込まれた時期は、ダニエルさんがそれまで飼っていた愛犬が、高齢の為この世を去ったタイミングとぴったり重なっていたのです。愛する家族を失った悲しみを乗り越えるために、スクィッシュの存在を、必要としていたダニエルさん。そして、帰るところを必要としていたスクィッシュ。2人が出会ったのはもしかしたら運命だったのかもしれません。もしかしたら、ダニエルさんの亡くなった愛犬が、めぐり合わせてくれたのかもしれませんね。

出典元:imishin