もしあなたが母親ならば一度はこんな経験があるのでは?
毎日子育てに追われ自分の時間もなく、やっとの事で買い物に来たものの子供がワガママを言い、言う事を聞いてくれない。
しかし一刻も早く帰りたいがために、人前にも限らずつい怒鳴ってしまった…。
今回ご紹介するのもその母親のひとり。
しかしそれを見た年配女性の言った意外な一言が・・・

赤ちゃんを抱っこし5歳くらいの男の子を連れたお母さん。
男の子はぐずり、お母さんは鬼の形相。
ものすごい剣幕で男の子を叱り「ほらっ!いくよっ!」っと腕を引っ張るものの、男の子はギャン泣きで動こうとしない。

するとお母さんはキレて「いいかげんにしてよっ!」と思わず男の子のほっぺたを平手打ち。

ばちーん!!

それをみていた周りの人達は思わずビクッとし、冷たい視線を母親に送る。

そこへ一人の年配の女性が。
てっきり「子供になんてことするの!やめなさい!」と言うかと思いきや、なんとその女性の口からは意外な言葉が!




「お母さんも本当にたいへんやね~。 赤ちゃん生まれてからちゃんと寝てないんでしょ?そりゃイライラもするわねー。(男の子に向かって)ぼく?ぼくも頑張った頑張ったねー。 よく泣いたね、偉い偉い! きっと赤ちゃん生まれてからお兄ちゃんだから我慢しなさいってずっと頑張ったのよねー。あー、偉い偉い!お母さんもぼくも、ふたりとも偉い偉い!」

そして男の子とお母さんの頭を撫でてその場から立ち去ったのです。女性はその言葉に泣き崩れ息子を抱きしめました。

これには人それぞれの意見があると思います。
たとえ何があっても子供を殴るのは悪いことだと感じる人も、もちろんいるでしょう。
しかし私たちは、その場だけをみて、子供を殴るなんて酷い母親だと判断してしまう。
その母親がその行動に至るまでにどれだけ悩み、どれだけ苦しんでいたかわかりません。
夜、寝顔を見ながらひとりで誰にも知られず後悔の念に押しつぶされそうになっているお母さんがどれだけいるでしょうか?
もしあなたがこんな場面に出くわしても、母親悪いと決めつけずに少し母親の立場になり考えて見てくださいね。

出典元:iinee-news