はじめての全力疾走!前足に障害を抱えた犬を救ったものとは…

生まれつき前脚に障害を持つ犬のダービー君。

彼の前足は生まれた時から変形している為
こんな風に上半身を地面につけて
這うようにしか歩けません。

通常の車輪タイプの義足をつけてみましたが、
この大きな車輪自体が動きを妨げてしまう上、
前脚を傷つけてしまう可能性もあるとの事。

そんなダービー君の事を知った
3DSystems社の2人のデザイナーと
動物の義肢製作専門家がチームを組み、

ダービーの前足の3Dスキャンデータを元に、
義足を制作することになりました!

その結果・・・

出典元:YouTube 

目頭が熱くなりました。

義足をつけ、生まれてはじめて大地を踏みしめて走る
ダービー君はとっても嬉しそう!

今では飼い主さんと一緒に4、5キロ近くも
走れるようになったそうです。

3Dプリンターはこれから
いろんな場面で活躍しそうですね。

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑