ひと昔前は街の電気屋さんの店先に必ずあった
ビクター社のトレードマーク『ニッパー犬』。

 

誰もが一度は目にした事があるのではないでしょうか。

そんな『ニッパー犬』が実在した犬だった事は
ご存知でしょうか?

ニッパーは1889年にイギリス人の画家
フランシス・バラウドによって画かれました。

フランシスの兄マーク・H・バラウドは
ニッパーという非常に賢いフォックス・テリアを
可愛がっていました。

ニッパーも彼にしかなつきませんでした。

しかし、彼が世を去ったため、
彼の息子と共にニッパーを引き取り
フランシスが育てました。

ある日、たまたま家にあった蓄音器で、
かつて吹き込まれた亡き兄の声を聞かせたところ、

ニッパーはラッパに耳を傾けて、懐かしい主人の声に
聞き入っているような仕草を見せました。

 

その姿に心を打たれたフランシスは
早速筆を取って、1枚の絵を画き上げます。

 

そして、その絵を『HIS MASTER’S VOICE』と名づけました。

亡き主人の声に聴き入るニッパーのけなげな姿は
円盤式蓄音器の発明者ベルリナーを感動させ、
この名画をそのまま商標として1900年に登録しました。

それが後にあの有名なビクター社のトレードマークとなり、
世界中で長きに渡り、愛されるようになるのでした。

参考文献:http://www.pet-soken.jp

 

**********************

あのビクター社のトレードマークに
そんな誕生秘話があったなんて知りませんでした。

ちょっと泣けてしまいますね。

ちなみに『HIS MASTER’S VOICE』の原画は
今は大英博物館に保管されているそうです。