ピクサー映画に潜む謎のコード『A113』の真相をご存知ですか!?

『トイ・ストーリー』『ファインディング・ニモ』『カールじいさんの空飛ぶ家』といったピクサー映画の中に「A113」という謎のコードが現れていることをご存知でしょうか!?

また、ピクサー映画以外にもディズニー映画の『ブレイブ・リトル・トースター』『プリンセスと魔法のキス』、テレビアニメ『シンプソンズ』や『アメリカン・ダッド』といった作品にも、この「A113」が登場します。




この「A113」というコード番号は、ピクサー好きの中ではこれまでも『謎』としてたびたび話題になっていたようですが、とあるRedditのユーザーによって、『ダヴィンチ・コード』のごとき「A113」コード番号の謎が明らかにされました。

以下にご紹介するのは、ImgurユーザーTheGhostWhoHatesSpillsによる解説。

「A113は、カリフォルニア芸術大学の教室番号を指している。大学の初年度にグラフィックデザインとキャラクターアニメーションを学ぶ教室の番号で、ピクサーやディズニー、その他スタジオの多くのアニメーターが作品作りを学んだ教室だ。A113の教室で共に学んだ友に対し、あの教室での日々がなければ現在の自分たちはないという思いを込めて、作品の中にA113というコードを入れるのだ。それは、仲間内のエールみたいなものだ」
 

■それでは改めて、さまざまな作品の「A113」登場シーンを観てみましょう!









 
 
■こちらが「A113」教室!!


学生時代の仲間たちとの友情って、大人になっても大切にしたい『絆』ですよね^^

大学の同じ教室から巣立った仲間たちが、それぞれが活躍する作品でお互いにエールを送り合うというのは、何とも良い話だなぁと感動しました。 

「アイツが頑張ってるから、俺も!」って触発されることってよくありますよね!(^^)! 
 

参照元:HuffPost Entertainment

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑