ミニチュアダックスフンドのチョコちゃんは今15歳半。

珍しい毛色であることから生きても3~4年と言われていましたが、
その当初の予想よりもずっと長く生きています。

そんなチョコちゃんへ、飼い主である永野さんが
感謝の気持ちとこれからの希望を込めて書いた1通の手紙を読み上げます。




出典元:“A LETTER TO MY DOG” 15歳の愛犬に捧げる今までの感謝と、これからの希望を込めた一通の手紙。

映像を見ていると、本当に愛情を込めて育てていたのがよくわかります。

一緒に過ごせる時間が限られているからこそ、毎日が尊い。

少しでも長く、楽しく過ごして欲しいという思いが伝わり、
目頭が熱くなりました。