この手紙は80歳の柳原タケさんが、
50年前に戦死したご主人に綴ったラブレターです。

秋田県二ツ井町が主催した1995年2月14日バレンタインデー
「第1回日本一心のこもった恋文」大賞に輝きました。

もう20年前の作品ですが、今もなおブログやTwitterなどで公開され、
多くのネットユーザーを感涙させ続けています。